際立つ成績を残した名手は? 英紙がプレミアリーグ「国籍別トップスコアラー」を紹介

写真拡大

外国籍選手で最多はアンリ、日本ではレスター岡崎がトップの11得点

 イングランドのプレミアリーグにおける歴代最多ゴール記録は、元イングランド代表でブラックバーンやニューカッスルで活躍したアラン・シアラー氏の260得点ということはよく知られている。

 当然、イングランド人選手としても歴代最多記録となる。そうしたなかで、英紙「デイリー・メール」は国籍別のトップスコアラーを紹介している。

 外国籍選手で最もゴールを決めているのは、アーセナルでリーグ最多4度の得点王を獲得したフランスのティエリ・アンリ氏。通算175ゴールはトップのシアラー氏、ウェイン・ルーニー(200得点)、アンディ・コール氏(187得点)、フランク・ランパード(177得点)に次ぐ歴代5位の記録でもある。

 その他にも、2度の得点王を獲得したオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー(144得点)やマンチェスター・シティでプレーするアルゼンチン代表のFWセルヒオ・アグエロ(128得点)、元アイルランド代表FWロビー・キーン(126得点)、元トリニダード・トバゴ代表のドワイト・ヨーク氏(123得点)、元ウェールズ代表FWライアン・ギグス氏(109得点)、元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ(104得点)といった選手は100ゴール以上を挙げるなど際立った成績を残している。

 日本ではレスター・シティで3季目を迎えたFW岡崎慎司が11得点でトップに立っている。1年目に36試合5得点、2年目に30試合3得点だったストライカーは今季5試合の出場で3得点とこれまでにないペースでゴールを重ねている。岡崎は過去にプレーしたシュツットガルトとマインツでも通算37ゴールを決め、ブンデスリーガでも日本人最多得点記録を持っている(香川真司とタイ記録)。

サッカー王国ブラジルのトップは…

 サッカー王国ブラジルではリバプールMFフィリペ・コウチーニョが35得点で最多。現在は多くの選手がプレーするスペインはリバプールとチェルシーでプレーしたフェルナンド・トーレス(85得点)、比較的国外移籍の少ないドイツとイタリアでは、それぞれユルゲン・クリンスマン氏(29得点)、パオロ・ディ・カーニオ氏(66得点)がトップだった。韓国では京都でもプレーし、マンチェスター・ユナイテッドで活躍したパク・チソン氏(19得点)もリストに名を連ねている。

 各国のプレミアリーグにおけるトップスコアラーを抜粋して以下に紹介する。

アラン・シアラー/イングランド/260得点
ティエリ・アンリ/フランス/175得点
ロビン・ファン・ペルシー/オランダ/144得点
セルヒオ・アグエロ/アルゼンチン/128得点
ロビー・キーン/アイルランド/126得点
ドワイト・ヨーク/トリニダード・トバゴ/123得点
ライアン・ギグス/ウェールズ/109得点
ディディエ・ドログバ/コートジボワール/104得点
エマニュエル・アデバヨール/トーゴ/97得点
ヤクブ・アイェグベニ/ナイジェリア/95得点
ディミタール・ベルバトフ/ブルガリア/94得点
マーク・ヴィドゥカ/オーストラリア/92得点
ロメル・ルカク/ベルギー/91得点
オレ・グンナー・スールシャール/ノルウェー/91得点
フェルナンド・トーレス/スペイン/85得点
クリスティアーノ・ロナウド/ポルトガル/84得点
ルイス・スアレス/ウルグアイ/69得点
パオロ・ディ・カーニオ/イタリア/ 66得点
アレクシス・サンチェス/チリ/53得点
パウロ・ワンチョペ/コスタリカ/50得点
ハビエル・エルナンデス/メキシコ/40得点
フィリペ・コウチーニョ/ブラジル/35得点
ユルゲン・クリンスマン/ドイツ/29得点
リヤド・マフレズ/アルジェリア/27得点
パク・チソン/韓国/19得点
岡崎慎司/日本/11得点
スン・チーハイ/中国/3得点

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images