好きな人ができたと思ったら、彼にはもう彼女がいた……。

諦めなきゃと思えば思うほど、彼への思いが強くなる。

諦められないなら、追いかけてみるのも1つの選択肢。彼女がいても、彼女以上に魅力的な女性になれば、コロンとこちらへと転がってくるかも!?

今回は、彼女もち男子を落とす方法をご紹介いたします。

良き親友でいる

好きな人に彼女がいても、それだけで恋を諦める理由にはなりません。

ただし、あからさまにアプローチするのは、さすがに相手も構えるでしょう。彼というよりも彼女の監視が厳しく、思うようにアプローチできないかもしれません。

まずは、良き親友ポジションをゲットすること。異性の友人の中で一番仲が良く、親しい存在を目指すのです。彼が彼女との関係に疲れるたびに連絡したくなるような、そんな存在に。あくまでも親友ですから、女性らしさは必要ありません。お互いに友情と割り切っているからこそ、ありのままの姿をみせられて、あっという間に関係が進展します。

彼女の存在を否定しない

どんなに彼の心が揺れ動いていても、彼にとっての一番手は彼女。たとえあなたに対して好意を示していても、正式に別れていなければ、彼はあくまでも彼女とのお付き合いを解消するつもりはないのでしょう。

彼とデートをするたびに彼女に関する愚痴を言われても、彼の味方をしながらも、彼女の存在は否定しないように気をつけましょう。彼にとって一番手である彼女の愚痴に一緒に乗っかると、それはそれで彼は複雑な気持ちになります。正式な彼女になりたくても、のし上がるというよりかはステップを踏みながら、上へ上へとのぼりつめましょう。

弱ったときがチャンス

しばらく友達として一緒に過ごしていると、彼と彼女との関係が不安定になるときがあります。おそらく自分から連絡しなくても、そんなときは彼から「元気?」と連絡が来るものです。きっと彼女以上に気になってしまっているあなたに会いたくなってしまったのでしょう。

あきらかに彼が弱っているなら絶好のチャンス!ただし、無理やりカラダの関係へと発展させるのではなく、あくまでも彼の愚痴に共感してあげるだけでいいのです。「彼女と別れたほうがいい」も禁句。

それは、彼と彼女が決めることであって、いくら好きな人を落としたいと思っていても、そそのかしてはいけません。

メリハリをつけながらデートをする

彼女もち男子を落とすときは、正式な彼女になるまでは「友達」としていることが1つのポイントです。

一歩踏み間違えれば、彼にとっての「セカンド」になりかねないのです。二番手でずるずると一緒に過ごすよりかは、メリハリをつけながらデートをすることが大切。あくまでも彼にとって良き親友として側にいます。

もちろん、一緒にベッドで過ごすなんてあり得ない!メリハリをつけながらデートをしていると、彼はますます彼女からあなたへと関心を移すでしょう。

彼女のことは否定せずに、彼の一番の理解者になること!

いかがでしたか?

彼女もち男子を落としたいなら、彼の領域を守りつつも、一歩踏み込んだアプローチが必要。無理やり別れさせるのではなく、彼が自然と別れを決意するように、流れを変えていくのです。焦らずに時間をかけながら、ゆっくりと攻め落としましょう。