トヨタ自動車とヤマハ発動機の共同開発により、1967年に誕生した日本初の本格グランツーリスモ「トヨタ2000GT」。

トヨタが内外装のデザインや車両レイアウト、ドライブトレインの設計を担当、ヤマハがエンジンのDOHC化やシャシー等の細部設計に加え、楽器製造で蓄積した木工技術を活かし、ゴージャスなインパネやウッドステアリングの実現に寄与したことでも知られています。

車両価格は238万円と、60年代当時としては非常に高価で、1970年までの3年間に僅か337台しか生産されなかったこともあり、現存する固体は年々少なくなっているようです。リトラクタブル式ヘッドランプや鋳造によるマグネシウム製ホイールを装備した同車の希少性は年を経るごとに高まるばかり。

そうしたなか、9月24日に秋晴れの東京お台場MEGA WEBにおいて、同車の生誕50周年を祝う一大イベント「トヨタ2000GT 生誕50周年祭」が開催されました。

トヨタ2000GTオーナーズクラブ実行委員会協力による同イベントではトヨタ2000GTを使った同乗試乗会が行なわれ、非常に貴重な機会でもあることから筆者も参加。

0-400m加速15.9秒、最高速度220km/hとされる同車のポテンシャルは今回の試乗会でも十二分に体感できるとともに、軽量な車体(1,120kg)による圧倒的な加速性能の良さや保存状態の良さに感心することしきり。

ソレックスキャブを3連装した2.0L DOHCエンジン(150ps/18.0kg·m)が発する勇ましいエンジンサウンドが身震いするほどの感動を与えてくれるとともに、当時のエンジンの美しさを維持しているオーナーの努力にも大いに感心した次第です。

会場には「トヨタ 2000GT」の開発当時、トヨタのワークス・ドライバーとして走行テストを担当されていた細谷四方洋氏も参加されていました。(下画像先頭)

次回の記事では試乗中の車内の様子やエンジンサウンド、試乗コースを元気に走り回る、とても「50歳のマシン」とは思えない様子を収めた動画を公開したいと思います。

また今年の11月4日(土)には、愛知県長久手市にあるトヨタ博物館に場所を移して「トヨタ2000GT 生誕50周年祭」が9:30〜15:00で予定されており、20台のトヨタ2000GTが参加するとともに、同車6台を使った同乗試乗会が行なわれるそうなので、興味の有る読者はぜひ会場に足を運ばれてみては如何でしょうか。

(Avanti Yasunori)

【関連記事】

トヨタ博物館に往年の「トヨタ2000GT」がズラリ勢揃い!
https://clicccar.com/2017/06/15/482758/

「トヨタ2000GT」を新車で手に入れる方法とは?
https://clicccar.com/2016/05/12/371549/

「トヨタ2000GT」が3.0Lエンジンを積んで現代に蘇った!
https://clicccar.com/2016/05/09/370651/

燃費リッター41.1km! トヨタ2000GTがアクアの技術で現代的に蘇った!
https://clicccar.com/2015/08/27/323726/

トヨタ2000GTが電気自動車(EV)になった!
https://clicccar.com/2012/01/14/102615/

【関連リンク】

MEGA WEB
http://www.megaweb.gr.jp/

トヨタ博物館
http://www.toyota.co.jp/Museum/

往年の「トヨタ2000GT」が大集結! 生誕50周年を祝うビッグイベント開催(http://clicccar.com/2017/09/25/514829/)