【TGS2017】絶対にまた開催してほしい「Jスタとあそぼう:リアル」レポート―会場はクリエイターとユーザーの笑顔が溢れていた

写真拡大 (全26枚)

9月23日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下SIE)は、「TGS2017 Special Party! 「Jスタとあそぼう: リアル」」を開催しました。

「Jスタとあそぼう」はSIEのゲーム制作集団 “ JAPAN Studio ”(以下Jスタ)のメンバーがゆるくゲーム情報をお届けする生放送番組。本イベントは初のリアルイベントとして一般ユーザーと同スタジオのクリエイター陣の交流を目的として開催された企画です。Jスタからは50名以上のクリエイターが参加し、ユーザーの方々と笑顔でゲームについて話をしている姿がとても印象的でした。本稿ではそんな素敵なパーティの模様をお届けします。

まさかのSIEJA盛田プレジデントが飛び入り参加!

まずは乾杯の挨拶がSIEJA プレジデントの盛田厚氏とSIEワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏から行われました。ここで盛田氏から「実は今日このイベントがあることを知った。呼ばれてなかったんです。」と驚きの発言が!

たまたま電車に乗っていた時に「Jスタとあそぼう:リアル」の担当者と会い「今日こんなイベントあるから来てもいいですよ!」と教えてもらい飛び入り参加を決めたのだそうです。いきなりの展開に会場は笑いに包まれながらイベントがスタートしました。

クリエイターとユーザーどっちが強い?!『NEWみんなのGOLF』で白熱の勝負!

乾杯後、各タイトルのクリエイターたちから挨拶ののちに「NEWみんなのGOLF クリエイターVSユーザー 勝つのはどっちだ?3ホール勝負」が行われました。これはその名の通り『NEWみんなのGOLF』のクリエイター陣とユーザーが直接対決を行うというもの。ゲームを「作る側」と「プレイする側」、どちらが強いのか白黒つけるという企画です。

両チームお互いにイーグルを決めあうなど一歩もゆずらない勝負を繰り広げましたが、わずかの差でクリエイターチームの勝利。開発者の面目躍如といったところでしょうか。会場からは白熱した勝負を見せてくれた両チームに大きな拍手が送られました。

惜しくも敗れたユーザーチーム。手に汗握る勝負を展開してくれました。
『SIREN』の次なる展開から自分たちが作りたいヒロイン像まで飛び出したクリエイタートークセッション

続いては吉田氏、『SIREN』、『GRAVITY DAZE』などをてがけた外山圭一郎氏、『Bloodborne』、『V!勇者のくせになまいきだR』などの鳥山晃之氏、『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』などの渡辺祐介氏が登壇しトークセッションが行われました。

まずは「TGSを見に行った感想、「Jスタとあそぼう:リアル」の感想」というお題からスタート。吉田プレジデントは「『Detroit』のブースですね。プロモーターの樋口くんのクリエイティブ魂を見せてもらいました。」と絶賛。同ブースでは、ゲーム内に登場するサイバーライフ社のアンドロイドたちを展示しているスペースがありTwitterなどのSNSでも大きく話題を呼んでいました。

吉田氏はインディーブースの『ACE OF SEAFOOD』が気になったとも。
渡辺氏は「『KNACK』を真っ先にブースで遊んでくれた親子がいて嬉しくて。後ろでニコニコしながら眺めていたので変なおじさんに見られていたと思います(笑)。」と喜びを語りました。その他にも「女の子の匂いのするVR」が気になっていたようで吉田氏から「仕事のしすぎで疲れてない?(笑)」とツッコまれ会場の笑いを誘っていました。

「Jスタとあそぼう:リアル」については、なかなかユーザーと話す機会がなく励みになる、とクリエイター陣。
「最近の活動・今後の展望」というテーマに対し外山氏は「『GRAVITY DAZE2』を出したばかりなので、今は切り替えの時期。0スタートのつもりで模索しています。」とし、次のプロジェクトへの意気込みを語りました。