ドナルド・トランプ大統領とバロン・トランプくん【写真:Getty Images】

写真拡大

 アメリカのドナルド・トランプ大統領の息子であるバロン・トランプくんが、メジャーリーグサッカー(MLS)のクラブであるDCユナイテッドの下部組織でプレーしていることが明らかになった。

 トランプ大統領と、現在の妻であるメラニア・クナウス夫人との間に生まれた唯一の息子であるバロンくんは、現在11歳。以前にアーセナルのユニフォームを身につけた姿が写真に捉えられたこともあり、サッカーファンであることは知られていた。

 そのバロンくんが、DCユナイテッドのU-12チームに所属していることが“発見”された。少年サッカーを専門とする米国記者が、クラブ公式サイトの下部組織のメンバー表にバロンくんが掲載されているのを見つけ、SNSで拡散したことで明らかになった。

 バロンくんのポジションはMFで、背番号は81番。発見された時点で今季4試合に出場したというデータが記載されていたが、23日の試合にも出場した模様で現在は5試合となっている。

 ボルシア・ドルトムントで活躍する19歳のアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチのように、トランプ大統領の息子が米国サッカーの未来のスター選手になれるかどうかと注目を集め始めている。

text by 編集部