バルセロナのルイス・スアレス【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが同クラブでリーグ戦100試合目の出場を飾った。

 現地時間23日に行われたリーガエスパニョーラ第6節の対ジローナ戦に出場したスアレスは自身リーグ戦通算100試合目の節目でゴールも挙げ3-0でチームの勝利に貢献した。2014年10月25日に行われた対レアル・マドリー戦でバルセロナの一員としてデビューしたスアレスはこれまで77勝11分け12敗という戦績を残している。また、87ゴール47アシストを記録している。

 この試合でセルジ・ロベルトもバルセロナで通算100試合目の出場となった。ちなみに、バルセロナで最も多くのリーグ戦に出場している選手は現在カタールリーグのアル・サッドでプレーするMFシャビ・エルナンデスの505試合である。

text by 編集部