BMWのエントリーハッチバックモデル『1シリーズ』 5ドアの次期型プロトタイプが、また一つカモフラージュを脱ぎました。

新たに露出したのは新デザインのキドニーグリルです。現行モデルより明らかにワイドになっているのが確認できます。ヘッドライトはダミーで、エアダクトも隠されていますが、情報によれば次期型はより躍動的なフェイシアを持つといいます。

プラットフォームには、「X1」と共有する「UKL」を採用。駆動方式は「FF」へ変更されると共に、ホイールベースを延長。ライバルであるVW「ゴルフ」と差別化を狙うクーペルーフとなりますが、現行より広い室内空間が確実視されています。

パワートレインは1.5リットル直列3気筒ガソリン&ディーゼル、2リットル直列4気筒ガソリンエンジンのほか、PHVモデルも期待できるでしょう。また最高出力400psとも噂される「M140i」の登場も確実視されています。

注目のワールドプレミアは、2018年。早ければ3月のジュネーブモーターショー、遅れれば10月のパリモーターショーになるでしょう。

(APOLLO)

公開はジュネーブ?パリ? FF化されるBMW次期1シリーズ、新デザインのワイドグリル見えた!(http://clicccar.com/2017/09/25/512812/)