祝勝会で記念撮影に応じる木村翔(中央)は笑顔

写真拡大

 7月に中国でWBO世界フライ級王座を獲得した木村翔(28=青木)の祝勝会が故郷の埼玉県熊谷市で開かれた。

 後援会の発足も決まった木村は「幸せです。また開いてもらえるように防衛を続けたい」と気持ちが引き締まった様子。元WBC同級王者で現WBO1位の五十嵐俊幸(33=帝拳)と対戦交渉中で「最近ホームで試合をしていないので、日本でできるのならうれしい」と日本人対決を歓迎した。近くスパーリングを再開する予定。