審判が全活動停止でリーグ戦が急遽延期…理由は「襲撃事件」

写真拡大

ウルグアイで行われるはずだった日曜日のリーグ戦が急遽延期となった。『LaRed21』などが伝えている。

その理由は、土曜日に行われたU-19の試合で審判が襲撃を受けたため。

ファンや選手から攻撃されたそうで、この事件を受けて審判組合は緊急会合を行い、そこで全てのカテゴリーでの活動を停止することを決めたとされている。