カナダのアーティスト、Dorotaさんが作った新しい名刺をご覧あれ。なんと全くの白紙!クリエイティブな名刺を作るのが趣味のひとつだという彼女は、今回の作品についても「できる限りシンプルな名刺を作ろうと思ったの」と語っている。

そうは言ったって、名前も何もないんじゃ名刺じゃなくない?

当然、ちゃんと情報が隠されている。後ろから光に透かしてみると…

このように文字が浮かび上がるお茶目な仕組み。でもここで「へぇ、可愛い」では終わらないのがミソ。

簡単につくれる
3ステップのお手軽DIY

さぁここからがお楽しみ。作り方を紹介しよう。実は家でも作れちゃうじゃないかってくらいDIY向きなのが、この名刺のいちばん良いところなのだから。

01.
ステンシルシートで文字をくり抜く

まず入れたい文字をステンシルシートで切り抜いていく。切り抜かれた状態のものは100円ショップでも買えるし、もちろん自分でカットしても◎。

02.
名刺大の厚紙に設置

シートが用意できたら、光に透けるくらいの薄さの名刺大の白い厚紙にそれを貼り付ける。好きな色で作るのも楽しいけど、文字が透けやすいよう、なるべく明るい色で無地のものの方がいいかもしれない。

03.
この上にもう1枚貼り付けて、完成!

上の画像のようなカタチになったら、光に透ける名刺大の用紙をもう一枚上から貼り付けて出来上がり。

切り絵を挟んだら絵も浮かび上がるだろうし、いろんな工夫ができる予感。

名刺として普段使いするほど量産するのはさすがに大変だけれど、バースデーカードやサプライズの手紙の肝心なメッセージだけを伏せたりすると喜ばれそう。

あぶり出しや水に濡らすより手間もなく、ずっとそのまま取っておけるのも嬉しいかも。気軽にDIYに取り組んでみたい人はぜひやってみては?

Licensed material used with permission by Dorota Pankowska