海に行ったり、旅行したり、キャンプしたり、はたまた普段使いだったり。この夏はリュックを使うことが多かったのでは?

夏に蓄積されたカバンの汚れ、ここで一回リセットしておきましょう。「Littlethings」のライターChristin Perryさんがまとめている「清潔に保つ方法」が、わかりやすくて簡単そうなので紹介します。

まずは、ゴミが入ってないか確認

これは絶対に忘れないで。全てのポケットを開けて、ゴミが入ってないか確認して。洗濯機で洗わないにしても、濡らした後に気づくと、全部取り除くのに何倍も時間がかかるから。

中身を全部出したら裏返しにして、外やゴミ箱の上でよく振る。食べ物のカスなども、出来るだけ落とすこと。この時に、どこに汚れがあるかをチェックしておくのがいいと思うわ。

【油汚れの場合】

油を含んだ汚れが見える場合は、コーンスターチやベーキングパウダーのような吸収剤をかけて、15分くらい放置するのがいいみたい。

汚れがついてから時間が経ってしまっていたり、なかなか取れない場合は、食器用洗剤をつけて歯ブラシでこすってみて。

【インクの場合】

ペンのキャップが中で外れていて、インクが染み込んでしまった。もしくは、子どもに落書きされてしまった人は、汚れた部分にだけヘアスプレーを吹きかけてみて。湿って色が浮き上がってきたら、雑巾で拭き取って。

【洗濯機で洗う場合】

どうしても洗濯機で洗いたいなら、のハナシ。洗濯機を使うのは反対の意見も多いから、なるべく避けた方がいい。けれど、タグを確認したうえで洗いたいのなら、このポイントは抑えてね。

1. 何も入っていないか確認する
2. 洗剤は少なめ、優しく洗うコースを選択
3. 古いピローケースや、下着用の洗濯袋に入れる
4. 乾燥は機械じゃなく、外に干して

【手洗いする場合】

まずはタグをみて、手洗いのほうがいいリュックかどうかをチェックしてから。

1. バスタブにぬるま湯をためて、洗剤を混ぜる
2. スポンジで優しく洗う
3. 完全に洗剤が落ちるまで、冷たい水ですすぐ

すすぎ残しがあると、乾いた後に白く浮き出てくることがあるから気をつけてね。

【除菌したい場合】

何かをこぼしたりしていなくても、毎日使っていれば汗臭くなるし、お弁当のにおいが移ってしまったりもする。消臭や除菌スプレーをかけただけでは、あまり効果があるとは思えない。

「the spruce」によると、一番適しているのは、フェノール系の消毒液なんだって。殺菌・抗菌作用があるから、ぬるま湯と消毒液を1:1で混ぜて、全体を洗いたい場合は浸す。

ピンポイントの汚れだけを落としたい場合は、柔らかいブラシに染み込ませてこする。その後にお湯ですすいだら、外に干してしっかりと乾したら除菌完了。

【消臭したい場合】

においが気になるだけなら、上記みたいに洗わなくて大丈夫。

中身を全部出して、重曹をかけたら、太陽光に1日当てておくだけでいい。そのほかには、バニラエッセンスを数滴入れた水を新聞紙に染み込ませて、土日のあいだにリュックの中に入れておけば、月曜日には嫌なにおいを吸い取ってくれるそう。

【日々のケア】

毎日使っているリュックでも、頻繁にワシャワシャ洗うのは、傷んでしまうし色落ちの危険もある。毎週末する必要なんてないの。

ただし、何かをこぼしたり、汚してしまった場合は放置せずに、上で説明した洗剤や消毒液を、ぬるま湯に混ぜてスポンジで優しく拭いてあげること。そうすれば長持ちするし、嫌なにおいが取れなくなることもないだろうから。

Licensed material used with permission by LIttlethings