安倍晋三首相(右)とその最側近の今井尚哉首相秘書官(左)(写真:共同)

安倍晋三首相は28日召集の臨時国会冒頭で衆議院を解散し、10月に総選挙を行う方針を固めた。学校法人「森友学園」や「加計学園」などの問題で急落した内閣支持率が復調し、野党第一党の民進党の混乱も続くため、一気に政権基盤の回復を目指す。

そうした中、安倍政権が選挙の争点に打ち出したのは、またもや消費税だ。

今井秘書官が主導

「主導したのは、今井尚哉首相秘書官ら経済産業省出身者グループ。自分たちの政権維持のために消費税を“おもちゃ”にすることは許されるのか」。財務省幹部は怒りを隠せない。

2019年10月の消費増税時に、増収分の使途を国の借金返済から子育て支援や教育無償化への支出に変更するというもの。消費増税を決めた2012年に増収分の使途は決まっていたが、それを反故にする内容だ。

国民に不人気な消費増税を逆手に取り、政権浮揚に利用するやり方は今回で3度目。これまでは2度、選挙前に増税の先送りを打ち出している。いずれも、裏で仕掛けたのは首相の最側近、今井秘書官といわれる。

2016年5月、G7伊勢志摩サミットで各国首脳に資料を示し、「世界経済はリーマンショック前と似た状況だ」と合意を求めた安倍首相。2017年4月予定(当時)の消費増税を延期する口実作りだったが、ドイツのメルケル首相らから「世界経済は堅調」と一蹴された。

結局、安倍首相は「リーマンショック並みの危機がないかぎり、増税は断行する」としていた公約を翻し、「新しい判断」だとして、増税を延期。参院選での与党勝利に結び付けた。

民進党が敵に塩

安倍政権からすれば、再び消費税を種に勝利するチャンスだ。法人減税の基礎固めのため消費増税を求める経済界だが、一方「こども保険」は企業負担が増すため、反対の姿勢。「こども保険の代わりに消費増税財源で子育て支援をやる」と言えば、経済界は乗りやすい。


9月1日に前原誠司代表が就任した民進党は、安倍政権の消費増税先送り路線に対抗し、消費増税の使途を社会保障充実に変える政策を打ち出していた。だがそれは歳出を拡大したい安倍政権にとって願ったりかなったり。民進党は敵に塩を送り、争点を潰された。

しかし、今回の消費増税の使途変更が現実化すると、その後遺症は重大だ。

国の借金がGDP(国内総生産)比2倍と主要国で最悪の中、増税しても財政再建が遅々として進まない先例を作ることになる。今後さらなる消費増税が検討されても、後の政権が「あの時、財務省は安倍政権に譲歩した」と財政再建より国民還元を優先しかねない。

政府は日本銀行と政策協定(アコード)を結んでいる。日本銀行が大規模金融緩和で金利を超低水準にくぎ付けにする一方、政府は成長戦略と持続可能な財政再建に取り組む。今回の措置は、その協定違反ともいえるのではないか。

『週刊東洋経済』9月25日発売号(9月30日号)の特集は「50歳から考える定年後の仕事選び」です。