女性の結婚率は、35歳を境に急激に下降する。

東京で、まことしやかにささやかれる言葉だ。

他にも、身体の変化、実家の問題、将来への不安と、目を背けたいことが増えてくる年齢でもある。

だがしかし。そんな悲観を抱くことは一切なく、麗しき独身人生を謳歌する女がいた。

恭子、35歳。

彼女が歩けば、男たちは羨望の眼差しで振り返り、女たちは嫉妬する。

恭子は一体、何を考えているのか?

外資系ラグジュアリーブランドで働く恭子の部下・周平は急な転職を決意し、二人は最後の夜、一歩距離を縮めたかに見えた。

しかし、周平の想いに気がついた元彼女・瑠璃子は気が気でなく、あの手この手で周平を振り向かせようと画策する。




今日の食事会は、楽勝だった。

『ケンゾーエステイト ワイナリー』での食事会の帰り道、私は確かな手応えを感じながら、けやき坂を歩いていた。

「完全に男全員、瑠璃子狙いだったよね。いつも美味しいとこ持ってっちゃうんだから…」

私を食事会に誘ってくれた理奈さんが、口を尖らせて私を軽くなじり、そして頭を抱えた。

「あーあ…やっぱり瑠璃子なんて誘わなきゃよかった」

理奈さんが私を食事会に連れて行くなんて、余程急を要していたのだろう。参加者のドタキャンを埋めるためのピンチヒッターとして、私は派遣されたのだ。

婚活に必死な理奈さんが連れてくる男性陣のクオリティに不安はあったものの、周平の転職へのショックもあって、憂さ晴らしをしたかった私は二つ返事で参加を承諾したのだった。

「瑠璃子、どうやったらそんなにモテるの?お願い、秘訣を教えて」

理奈さんは急に声色を変え、猫なで声で私に尋ねる。

私は、小さく微笑んでから、きっぱりと言った。

「そんなの簡単です。食事会の最中に、目が合った相手に、にっこり笑いかけるの。百発百中ですよ」

あまりに単純な私のアドバイスに、理奈さんは口をぽかんと開けたままだ。

もちろん、初対面の男たちの興味を惹きつけるのに必要なのは、それだけで十分なはずがない。

洗練されたルックス、そして20代という年齢のブランドがあるからこそ、この作戦がはじめて効力を発揮するのだ。

「あなたって本当に小悪魔ね…。でも、わかった、瑠璃子の作戦、来週の食事会でやってみるわ」

-お気の毒様。

私の話をすっかり鵜呑みにして、意気込みを熱く語る理奈さんに、冷ややかな視線を送った。

タクシーを拾った理奈さんを見送り、私は日比谷線の六本木駅へと向かう。

歩いている途中、見慣れた男の姿が目に飛び込んできた。

-えっ…あれって…周平じゃない?


周平と恭子に何かが起きた夜。瑠璃子は偶然その場面に遭遇する


瑠璃子の切り札


六本木ヒルズの蜘蛛のオブジェの近くで、周平が、誰かを抱きしめていたのだ。

女の顔は周平の背中に隠れて見えないけれど、すらりとした華奢な足と、うちのブランドのピンヒールが目に入って、すぐに誰かわかった。

あれは、恭子さん-。




目をそらし、咄嗟にそこから逃げ出した私の心を覆い尽くしたのは、怒りでもない、悲しみでもない、ただ絶望という感覚。

神様は、意地悪だ。

こんなに広い東京で、こんなに多くの人が溢れかえる東京で、私がもっとも見たくない光景を偶然に見せるなんて。

LINEの未読メッセージがいつのまにか何件も溜まっている。今日の食事会で収穫した男たちそれぞれからの連絡だ。

でもそんなものに何の価値もない。

私が今欲しいのは、周平なのだ。恭子さんは、周平にはふさわしくない。

ディレクターとの曖昧な関係に、前の会社を辞めるきっかけとなった怪しい過去。

「汚らわしいわ…」

私は小さく呟いた。

そんな女が、今、私の目の前で周平を誘惑していた。

理奈さんは私のことを小悪魔と呼んだ。だったら恭子さんは、悪女だ。

でも大丈夫、まだ私には何枚もの切り札がある。私は唇を噛み締めながら、自分に強く言い聞かせた。



翌日、理奈さんに命じられ、夕方からシャンパンメーカーの試飲会に行くことになった。

化粧室でメイク直しをする。

ポーチには、伊勢丹のコスメ売り場で衝動買いした、シャネルの赤い口紅が入ったままになっている。

試しに唇に乗せてみたが、私の顔には全く馴染まず、唇だけがその存在を主張している。

これじゃ唇おばけだわ…。

咄嗟に口紅を拭い取り、会場に向かった。

ラグジュアリーブランドでは顧客向けのイベントでシャンパンを振舞う機会も多いため、試飲会に呼ばれるのは珍しいことではない。

会場に着くなり、誰よりも煌びやかなオーラを纏う恭子さんの姿を発見した。

「あら、瑠璃子ちゃんも来てたんだ」

恭子さんの唇の、真紅の口紅が艶を放っている。

私は自分のくすんだ唇を隠すかのように、思わずうつむいた。

理奈さんにはあれほど優越感を感じた20代のブランド力も、恭子さんを前にするとその威力をすっかり失ってしまうのだ。

そのとき、恭子さんの隣に見知らぬ女性が立っているのに気がついた。

「あの、こちらは…?」

恐る恐る尋ねると、恭子さんは彼女を私に紹介してくれた。

「前の会社の、仲良かった同僚とばったり会ったの。彼女も、瑠璃子ちゃんと同じPRなのよ」

私が名刺を差し出して自己紹介をすると、その女性も名刺を渡してくれた。


瑠璃子はついに、恭子への攻撃を開始する


追い詰められた恭子


恭子さんは試飲用のシャンパンを口に含み、うっとりとした表情で微笑んでいる。

「やっぱり美味しい。ここのメーカーのシャンパンは、ディレクターの奥様も大好物なのよ」

その言葉に一瞬、耳を疑う。

「えっ、恭子さん、ディレクターの奥さんと知り合いなんですか?」

すると恭子さんはにっこり頷いた。

「すごくお世話になってるの。いつもご夫婦に誘われて、食事にも行くのよ」

愛人関係ではなかったようだ。

切り札がなくなってしまったことに、一瞬焦った。でも大丈夫。まだとっておきのジョーカーが残っている。

試飲会の終了後、オフィスに戻ろうとする恭子さんを無理やり引き止めて、パレスホテル東京の『ロイヤルバー』に誘った。

恭子さんにぴったりの、大人びた上質なバーで、思わず雰囲気に飲まれてしまいそうだ。恭子さんがマティーニを注文したあとで、慌ててコスモポリタンを頼んだ。

「恭子さんって、前の会社で何があったんですか?」

単刀直入に切り出すと、恭子さんは一瞬戸惑ったようだが、すぐにいつものクールな笑顔を作った。

「何って、いろいろ。いろいろあったのよ」

それ以上は一切話す気は無いようで、すぐに話題を変えられてしまった。

「理奈に聞いたけど、昨日一緒にお食事会行ったんですってね。どう、いい人いた?」

「いい人なんて、いませんよ…」

そう言いかけて、昨夜見た悪夢のような光景がフラッシュバックする。

私がさえない男たちと食事会をしていた、まさにそのとき、恭子さんは周平を誘惑していたんじゃない。

そう思ったら頭に血がのぼってしまった。そして一気にまくしたてた。

「恭子さん、私、周平のことが好きなんです。本気なんです。恭子さんは私の味方ですよね?応援してくれますよね?」

恭子さんは私の勢いに押されたのか、驚いた表情のまま何も答えない。

「どうして応援してくれるって言ってくれないんですか?まさか恭子さんも周平のこと、狙ってるんですか?そんなわけないですよね?6歳も歳下の部下に、色目を使ったりしないですよね?」

恭子さんはまだ黙ったままだ。

このまま、恭子さんを追い詰めてみせる。

「周平も、恭子さんのことは単なる上司だって言ってました。さすがに35歳の女性を狙うほど、女に困ってないって。彼、20代にしか興味ないんです」

恭子さんの瞳が、みるみるうちに悲しみの色を帯びていく。

「お願いします。周平を私に譲ってください」

私が深刻な口ぶりで懇願すると、恭子さんは諦めたように、ふっと表情を緩めた。

「もちろん、応援するわよ」

私はテーブルの下でぎゅっと拳を握りしめ、ガッツポーズをした。そして立ち上がり、恭子さんに別れを告げて店を出た。

でも、私の攻撃は、これで終わったわけじゃない。

「教えてくれないなら、自分で調べてやるわ」

私は吐き捨てるように呟くと、試飲会の会場で貰った恭子さんの元同僚の名刺を取り出した。

彼女の過去を暴いてみせる。周平は私のものだ。

▶Next:10月2日月曜更新予定
瑠璃子の巧みな罠にまんまとかかりはじめる、恭子と周平。そして周平の想いは揺れ始める…。