乾貴士【写真:Getty Images】

写真拡大

【エイバル 0-4 セルタ リーガエスパニョーラ第6節】

 現地時間24日に行われたリーガエスパニョーラ第6節でエイバルはセルタをホームに迎え、0-4で敗れた。MF乾貴士は先発出場したが、37分に交代を命じられている。

 前節はバルセロナに1-6と大敗して力の差を見せつけられたエイバルは、乾が今節も先発で出場。ここまで1勝1分け3敗と下位に低迷するセルタから、序盤は良い形をつくった。

 だが、先制したはアウェイチーム。17分、中盤左よりの位置でFKを得ると、シストがGKとディフェンスラインの間にパスを供給し、フリーで飛び出したカブラルがヘディングで決めた。

 23分には、まったく同じ形で2点目が入る。再びシストが浮き球を入れると、大外からきたセルジ・ゴメスがフリーで落下点へ。伸ばした足先には当たらなかったようだが、そのままゴールネットに吸い込まれた。

 2点を追う厳しい状況のエイバル。指揮官はほとんどプレーに関与できていなかった乾を37分という早い時間に交代させてテコ入れを図った。

 しかし39分、エイバルにとって痛すぎる失点が生まれる。セルタは左サイドのシストがあげたクロスにフリーのパブロ・エルナンデスがボレーで合わせて3点差で折り返した。

 エイバルは63分までに交代枠を使い切って反撃の糸口を探したが、流れを引き寄せることはできない。72分にヴァスのゴールで0-4とされると、エイバルは最後までゴールを奪うことができず、試合終了と迎えた。

【得点者】
17分 0-1 カブラル(セルタ)
23分 0-2 シスト(セルタ)
39分 0-3 パブロ・エルナンデス(セルタ)
72分 0-4 ヴァス(セルタ)

text by 編集部