インテルがDFダニーロ・ダンブロージオのゴールによって1-0で勝利した

写真拡大

[9.24 セリエA第6節 インテル1-0ジェノア]

 セリエAは24日、第6節を行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルはホームでジェノアと対戦し、1-0で勝利した。ベンチスタートの長友は3試合ぶりの出番なしに終わっている。

 開幕4連勝と好発進を決めたインテルだが、前節のボローニャ戦を1-1で引き分けたことで小休止。流れを完全に断ち切らないためにも、勝ち点3を積み上げたい一戦だった。

 試合はジェノアの粘り強い守備の前になかなかゴールを決めることが出来なかったインテルだが、スコアレスで迎えた後半42分、左サイドで得たCKからDFダニーロ・ダンブロージオが頭で合わせてねじ込み、ようやく均衡を破る。

 その後、ジェノアが2人退場者を出したこともあり、難なく逃げ切ったインテルは、開幕6試合で4度目の完封勝利。開幕6試合で5勝目を挙げ、勝ち点を16とした。


●海外組ガイド

●セリエA2017-18特集