マシンガンや釣竿を手にした大森南朋演じる市川の姿が 『アウトレイジ 最終章』新場面写真

写真拡大

 10月7日に公開される北野武監督最新作『アウトレイジ 最終章』より、大森南朋の新場面写真が公開された。

参考:『アウトレイジ』シリーズ前2作を3分に凝縮 『アウトレイジ 最終章』公開記念特別映像

 本作は、『アウトレイジ』『アウトレイジ ビヨンド』に続く、『アウトレイジ』シリーズ最新作にて完結編。日本と韓国を舞台に、過去を清算する機会をうかがう大友と、花菱会トップの座をめぐる幹部たちの暴走によって、張グループ、花菱会、山王会、警察が入り乱れる全面戦争が勃発する模様を描く。

 このたび公開されたのは、ビートたけし扮する主人公・大友を慕い、彼とともに暴走を巻き起こす、大森演じる市川の新場面写真。『Dolls ドールズ』『アキレスと亀』に続き、3度目の北野組参加となる大森は、「念願叶ってバイオレンス。念願叶ってアウトレイジ。もうこんな幸せなことはありません」と初の『アウトレイジ』シリーズ参戦の思いを語っている。

 本作で、大友の相棒として行動をともにする市川を演じることになった大森は、北野監督の真横で芝居をするということにもなったが「最高ですよね(笑)。もちろん緊張もありますけれど」とコメント。

 また、劇中では、日本と韓国を股にかけた、マシンガンを使ったアクションシーンが繰り広げられるが、大森は「ある種夢見ていたことが叶ったというか、まさに武さんと並んで、『アウトレイジ 最終章』という作品で、マシンガンを撃てるなんて! なかなかの衝撃体験でしたね」と、撮影時を振り返っている。(リアルサウンド編集部)