32歳フィリペ、学びの対象は21歳L・エルナンデス「僕は彼から学んでいる」

写真拡大

23日のリーガエスパニョーラ第6節、アトレティコ・マドリーは本拠地ワンダ・メトロポリターノでのセビージャ戦を2-0で制した。DFフィリペ・ルイスは試合後、強敵を撃破するなど、チームが良い調子にあることを強調した。

スペイン『アス』がブラジル人DFのコメントを伝えた。

「チームは素晴らしい時期を過ごしている。フィジカル的にもメンタル的にもね。選手たちはフットボールをプレーすることを楽しんでいるが、それが一番難しいことなんだ。困難な時期も訪れるだろうが、集中のレベルが落ちることはないだろう」

世界最高の左サイドバックの一人とも称されるフィリペ。現在32歳の同選手には、チーム内で一目を置く選手がいるようだ。それは21歳の若手DFルーカス・エルナンデスだという。

「ルーカスが16歳だった頃から成長を見続けてきたが、凄まじい。誰よりも練習に没頭して、試合ではいつもベスト3に入るプレーを見せる。もう彼は、僕から何かを学んでいるわけじゃない。僕が彼から学んでいるんだよ。同じインテンシティーを持つために」

「クン(セルヒオ・アグエロ)は17歳でここにやって来て、わずか3年で世界最高の選手の一人となった。ルーカスやトマス(・パルティ)だって同じだ。彼らには野心があり、どんどん素晴らしい選手になっている。このチームでレギュラーを務めることは、日に日に難しくなってきた」