トッテナム勝利のカギとなるハリー・ケイン

写真拡大

トッテナム・ホットスパーのFWハリー・ケインがウェストハム戦(2-3)で2得点を決め勝利に貢献した。
ホットスパーのDFセルジュ・オーリエの退場がウェストハムの有利に働くも、時すでに遅し。

ロンドンで開催されたトッテナム対ウェストハムのダービー戦では、トッテナムがFWハリー・ケインの大活躍で勝ち点3を手に入れた。

プレミアリーグ第6節となるこの試合で、トッテナムはケインの活躍によりハーフタイム前には既に2点を得た。試合後半にはMFクリスティアン・エリクセンのゴールで勝利を確定した。

前回のウェストブロムウィッチ戦では、メキシコ代表のチチャリート・エルナンデスのおかげで勝利したウェストハムであるが、今回のダービー戦ではトッテナムのDFセルジュ・オーリエの退場により数的に優位になったにもかかわらず、逆転することができなかった。

試合87分にはウェストハム所属のセネガル代表シェイフ・クヤテが2点目を決めているが、トッテナムは最後まで逃げ切り勝ち点3を手にした。