胸スポンサーは日本のSUZUKI!トリノの2017-18新ユニフォーム

写真拡大

2016-17シーズンはアグレッシブなサッカーを披露し、9位とまずまずの成績を収めたトリノ。昨季26ゴールを叩き出してチームを支えたアンドレア・ベロッティは、国内外クラブへの移籍を噂されながらも、ひとまず残留が決まった。

シニシャ・ミハイロヴィッチ監督体制の2シーズン目を迎えた今季のユニフォームは、7月にホーム、アウェイ、サード、GKの全キットを発表。昨シーズンに続きスズキ自動車が胸スポンサーを務めている。

Torino 2017-18 Kappa Home

色はトリノ伝統のグラナータ(えんじ)。Kappaがキットサプライヤーになって以降はベースのデザインに大きな変化がなく、良くも悪くも“裏切らない”ユニフォームだ。

前身頃にはチームの愛称“トーロ(雄牛)”の大きな透かしプリント。背面首元にはチーム名のプリントが入っている。

レプリカユニフォームにはスポンサーが入らないが、選手用にはメインスポンサーの「SUZUKI」の他に、右胸には古くからのトリノのスポンサーである「Beretta(イタリアの食品メーカー)」のロゴも入る。

Torino 2017-18 Kappa Away

アウェイキットはボディをホワイト、袖をグラナータで色分けしており、肩周りがラグランタイプであることを視覚的に確認しやすい。

ホームキットのスポンサーは単色でプリントされているが、アウェイキットは「SUZUKI」、「Beretta」とも本来の企業ロゴの色でプリントしている。

【次ページ】サードキットとGKキットも紹介!

Torino 2017-18 Kappa Third

サードキットの色はイエローでもゴールドでもなく、ハニーベージュ。メーカーロゴなどの差し色はチームカラーのグラナータを配した。

細かいことだが、袖のKappaロゴマークの数は昨シーズンモデルの4個から5個に増えた。この数は2008-09シーズン以来となる。袖に小さめのロゴマークを多くプリントするパターンは、90年代後半に多く見られた。

Torino 2017-18 Kappa Goalkeeper

ゴールキーパーユニフォームも他のキットとまったく同じデザインなので、フィールドプレーヤーが着用しても違和感がなさそうだ。グリーンをメインに差し色をグラナータで彩ることで、トリノらしさを残している。

7月16日に発表となったホームキットとGKキットのビジュアルデザインだが、ベロッティがいない!と大騒ぎに。