「戦術的には完璧な試合だった」

 サガン鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督は胸を張っている。浦和レッズを相手に敵地で2-2のドロー。結果としては上々だろう。

 鳥栖は集中的に自陣を守ることで、相手を引き込み、その裏にできたスペースを狙った。

「Molto Spazio」

 イタリア語で「広大なスペース」という言葉を指揮官は用いたが、それがタクティクスにおける軸になっていた。自陣では密集で守ってスペースを与えず、相手の裏にできたスペースを攻撃に使う。カテナチオとも、堅守カウンター戦術とも言えるだろうか。

 しかし、戦術的には互角以上に戦ったものの、勝ち切れてもいない。フィッカデンティ体制2年目の鳥栖は、はたして強くなっているのか?


浦和レッズ戦で2ゴールを決めた田川亨介(サガン鳥栖)

 9月23日、埼玉スタジアム。J1リーグ第27節、浦和の本拠地に乗り込んだ鳥栖は、開始1分、いきなり先制に成功する。浦和のパスの乱れを自陣でカットし、中盤でボールをつなげると、小野裕二がセンターサークル付近から左サイドを疾走する田川亨介にぴたりと合わせる。田川はこれをノートラップの左足ボレーで逆サイドに蹴り込んだ。

「今日は相手を考えて、最初からスピードのある選手でいこう、ということでした」(鳥栖・豊田陽平)

 豊田に代わって先発に抜擢された田川が躍動。狙い通り、電光石火の先制点となった。

 その後、鳥栖はリトリートし、浦和の攻撃に耐える時間が続いた。もっとも、決定機はほぼ作らせていない。集中して守ることで、わずかながら相手の精度を狂わせ、危険なゾーンへの侵入を許さなかった。

 2分には、左サイドに流れた田川がそのスピードと仕掛けで攪乱し、小野がポストに当てるシュートを放っている。34分には敵陣でパスカットし、田川が落とし、それを持ち込んだ原川力がやはりポストを叩いた。スペースを突くカウンターは効果的だった。

「浦和は誰が出る?」

 フィッカデンティ監督はそれを研究し尽くしたと言うが、リアクション戦術は的中していた。

 しかし、後半になると様相は変わる。攻められる時間はさほど変わらなかったが、攻め手がなくなってしまう。それによって、攻撃を受け止め切れなくなった。

「外のところで仕掛けてクロスを入れていく、その中でズラタンを入れて。ゴールに向かっていける選手を投入し、打開する意図がありました」(浦和・堀孝史監督)

 浦和は3-3-4という超攻撃的な布陣で、5-4-1で籠城戦を決め込んだ鳥栖を攻め立てている。そして74分、右CKからマウリシオがヘッドで同点弾を沈めた。

「逃げ切れるか、という時間が長かったことで、メンタル的に後ろが重くなってしまった。前半に2本ポストを叩いたが、リードを広げられたらベストだったろう。攻撃に関しては、90分カウンターをやりきる体力が足りなかったが、浦和を相手に準備も含め、やるべき戦いをできた」(鳥栖・フィッカデンティ監督)

 80分、鳥栖は最後の力を振り絞るようなカウンターを放っている。相手のFKをストップしたGK権田修一が前線にパントキック。これを浦和の選手が中途半端に後ろに流してしまい、それに反応していた田川が出てきたGKの鼻先で合わせ、ネットを揺らした。絵に描いたような速攻だった。

 しかし、その後も鳥栖はライン全体が下がりすぎて、自由にボールを持たれ、クロスを入れられる。「浦和は精度の高いクロスを早めに入れてくる」と、今や多くのクラブが浦和対策を練っているが、鳥栖は”やらずもがな”の機会を与えてしまった。

 85分、浦和はセンターバックの遠藤航が右サイドの奥まで張り出す。ほぼフリーでアーリークロスを入れると、これを中央で武藤雄樹がヘディングで叩く。一度はGKに防がれたものの、ファンブルしたボールを詰めた。

「浦和のように爆発的な攻撃力のある相手を、2点に抑えたとも言える。アウェーの浦和戦で勝てずに悔しがる。それは選手の成長で、貪欲なメンタリティとも言えるだろう」

 フィッカデンティ監督は負けなかったことを強調した。

 イタリア人監督らしい、守備を基調にした戦い方は成果を生み出している。悲観すべきではない。堅守とスピードを選択した布陣は、功を奏していた。例えばプレッシングとリトリートも、プレスに行くときは高橋義希がトップ下でプレスを掛け、引いて守るときはアンカーのような位置に下がりと、戦術的工夫もあった。また、小林祐三は5バックに入りながら、積極的にバックラインの前を潰し、未然に最悪の事態を防いでいた。

 リアクション戦術としてのロジックや多様さは、目を見張るものがある。

 一方で、これまでの鳥栖の強さは論理を超えた不条理なところにあった。ボールに食らいつく中、奇跡を起こすと言ったらいいだろうか。それはユン・ジョンファン監督時代に確立されたもので、終盤の猛攻はまさに”火事場力”の結集だった。それによって、優勝争いをするまで到達した。

 フィッカデンティ体制の2年目、その論理は”過去の栄光”を超えるのか?

「去年と今年を比べると、GKなど主力選手が入れ替わり、シーズン途中で鎌田大地が抜け、ケガ人(谷口博之など)も出ている。それを踏まえても、去年より今年の方がいい」

 イタリア人監督はそう言う。昨年は11位に終わった。今年は浦和に引き分けたあと、9位に位置している。


■Jリーグ 記事一覧>>