愛媛FCのGKパク・ソンス【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 24日に行われたJ1第34節の愛媛FC対横浜FC戦で、横浜FCのFWジョン・チュングンが相手GKの顔面に勢い良く水をかけるという不適切行為がみられた。

 愛媛の1点リードで迎えた前半29分、横浜FCはCKからのゴール前での競り合いで選手が倒されてPKを獲得。愛媛のGKパク・ソンスはPKに備えてゴール脇で水を飲んでいたが、何らかの理由で横浜FCの選手たちと口論になったようだ。

 ジョン・チュングンは手に持っていたボトルをパク・ソンスの方に向け、ボトルを押して勢い良く水を吹き出した。水はパク・ソンスの顔面にかかり、愛媛の選手たちは激しく抗議したが、主審は誰にもカードを出すことはなくそのままプレーを再開させた。

 PKはイバが成功させて1-1の同点。後半には横浜FCが2点を加え、愛媛も1点を返したが3-2で横浜FCの勝利に終わっている。

text by 編集部