メスト・エジルがモウリーニョ監督との再タッグを望んでいる?

写真拡大

 アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル(28)に“衝撃的な移籍”の可能性が浮上した。英『ミラー』が報じている。

 今季限りでアーセナルとの契約が満了するエジル。同僚のチリ代表FWアレクシス・サンチェスと共に今後の去就が注目されており、バルセロナ移籍など様々な憶測が取り沙汰されていた。

 そして、今回の報道ではエジルがアーセナルとの新契約締結を拒否したとのこと。フリーとなる来夏に、レアル・マドリー在籍時の恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督が率いるマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を望んでいるという。

 また、モウリーニョ監督もエジルを高く評価。ユナイテッドの上層部も獲得に乗り出す意向で、アーセナルが難色を示している週給25万ポンド(約3700万円)の要求額にも応じるとのこと。過去にアーセナルからFWロビン・ファン・ペルシがユナイテッドに移籍しているが、エジルも同じ道を歩むのだろうか。


●プレミアリーグ2017-18特集