リバプール戦でゴールを決めた岡崎慎司【写真:Getty Images】

写真拡大

 リバプールのレジェンドである元イングランド代表MFのスティーブン・ジェラード氏は、レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司がリバプールから奪ったゴールはファウルで無効になるべきだったと主張している。英メディア『BTスポーツ』で語った。

 レスターとリバプールは現地時間23日に行われたプレミアリーグ第6節の試合で対戦。岡崎はレスターが0-2のビハインドで迎えた前半アディショナルタイム、CKからのボールがゴール前にこぼれたところに足を出し、1点を返すゴールを決めた。後半には両チームが1点ずつを加え、3-2でリバプールが勝利を収めている。

 だがジェラード氏は、CKからのクロスがゴール前に上げられた時点で、岡崎がGKシモン・ミニョレへのファウルを犯していたと主張した。「100%ファウルだ。岡崎はミニョレの腕を引っ張り、自由にジャンプするのを阻んだ。そうでなければパンチングできていたはずだ」と同氏は語る。

 一方で、元マンチェスター・ユナイテッドDFのリオ・ファーディナンド氏は岡崎の抜け目なさに賛辞を送っている。「彼はセンターフォワードの仕事をした。GKにセンターフォワードをつけて妨害させるのは普通だ。その仕事を本当によくやった」

「彼は副審と主審をあざむいた」とファーディナンド氏は、本来であればファウルだったというジェラード氏の見解には同意しながらも、「見逃されるのはおそらくシーズンに1回くらいだろう。今日はその1回だった」とコメント。FWとしてチャンスを逃さなかったことを肯定的に評価しているようだ。

text by 編集部