パワーとセキュリティ性を強化した上位モデル

写真拡大

中国TCLコミュニケーション正規代理店のFOX(東京都千代田区)は、スマートフォン「BlackBerry KEYone Black Edition」を2017年9月下旬に発売する。

プライバシー保護&セキュリティ特化の専用アプリ搭載

6月発売の通常モデルと比べ、メモリーが3GBから4GB、内蔵ストレージが32GBから64GBへとスペックが向上。QWERTY物理キーボードとタッチパネルを両立した「Touch-Enabledキーボード」は、シリーズ初の指紋認証を搭載した。

プライバシー保護とセキュリティに特化した専用アプリ「DTEK by BlackBerry」をプレインストール。マイクやカメラ、位置情報、個人情報などにアクセスしているアプリを個別に監視・コントロールし、高いセキュリティ性を確保。毎月のセキュリティアップデートで常に安全な状態を保てるという。

OSは「Android 7.1.1」をプレインストール。メールやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を一元管理できる「BlackBerry Hub」、「BBM」、「BlackBerry Password Keeper」などのオリジナルアプリに加え、100万以上の「Google Play」上のアプリも使用可能だ。

4.5型(1620×1080ドット)ディスプレイ、1200万画素メイン、800万画素サブカメラを搭載。バッテリー容量は3505mAh、36分で50%の高速充電が可能な「Quick Charge」に対応する。IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2をサポート。LTE/TDD LTE/HSPA+の各周波数に対応し、NTTドコモ、ソフトバンクグループのサービス提供エリアで使用可能だ。

価格は7万9800円(税込)。