プロ初勝利には届かずも… 永峰咲希、大きな収穫を得た3日間だった(撮影:米山聡明)

写真拡大

<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 最終日◇24日◇利府ゴルフ倶楽部 (6,551ヤード・パー72)>
2日目を終えて6アンダーの首位タイにつけた永峰咲希。プロ初勝利を目指し、畑岡奈紗、李知姫(韓国)と共に最終組からスタートしたが、3バーディ・3ボギーとスコアを伸ばせず。トータル6アンダーの3位タイで終戦した。

この日のラウンドを振り返り「決めないといけないバーディパットやパーパットだったりが何個かありましたが、決められなかったです」と唇を噛んだ。2番でバーディを先行させたが、5番はバーディチャンスから3パット、7番は10mからまたしても3パット。後半も1バーディ・1ボギーと、前半で4つ伸ばした畑岡とは対照的に、最後までリズムを作ることができなかった。
しかし、初Vがかかる大一番でも冷静にプレーできたことは大きな収穫だ。「去年、最終日最終組を回ったとき(中京テレビ・ブリヂストンレディス)よりも地に足がついていたというか、浮足立つ感じはなくスタートできました。後は優勝争いだからパットを外したわけではないと思うので、そこを練習したい。最終的に良い距離のパットが入る人が勝つというのを痛感した1日でした」と手ごたえと課題を口にした。
「ただ、落ち着いてできた部分は次に活かせると思う。すぐに優勝争いできるように頑張りたい」。気持ちを切り替えて来週のメジャー第3戦「日本女子オープン」へと向かっていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

永峰咲希のプロフィール
1年限りの“戦友” 畑岡奈紗を支えた宮里藍からのアドバイス
嗚咽するほどの辛さを乗り越えて…畑岡奈紗がプロ初勝利!今後は「米7割、日本3割」
畑岡奈紗の全てがわかる!注目プロ名鑑〜選手ぺディア〜
畑岡奈紗のセッティング メチャ重のドライバーシャフトを使うハードスペック