「集中してアグレッシブに戦えた」連覇を達成したウォズニアッキ [東レPPO]

写真拡大

「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦9月18〜24日/賞金総額100万ドル/ハードコート)の大会最終日はシングルス決勝決勝が行われ、カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)がアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)を6-0 7-5で下して2連覇を達成した。

 第1セットはウォズニアッキが6-0で圧倒。試合開始からサービス、ストロークともに好調で、相手に復調するチャンスさえ与えなかった。パブリウチェンコワは合計10ポイントしか奪えず、わずか21分でセットを落とした。

「今日は少しエネルギーが足りず、集中力も少し欠いた。特に最初の3ゲームの入りが非常に悪かった」とパブリウチェンコワは立ち上がりの悪さを反省した。決勝まで4試合すべてがフルセットにもつれた疲れも影響したようだ。

 第2セットの第2ゲームでようやくパブリウチェンコワがゲームを奪取。40-30から、前日にケルバーを苦しめたドロップショットからの華麗なボレーを決め、反撃を開始した。その後はお互いキープが続く。

 3-3からパブリウチェンコワが積極的に攻め、初めて相手のサービスゲームでデュースに持ち込んだが、ブレークはならず。ウォズニアッキは5-4でマッチポイントを生かせなかったが、6-5で迎えた相手のサービスを15-40と攻めたて、この試合3つ目のマッチポイントでフォアハンドのウィナーを決めて、頂点に立った。

「最高の気分よ。第1セットはすべてがうまくいった。第2セットは彼女のサービスがよくなり難しかったけど、何とか勝つことができた。集中して、アグレッシブに、ポジティブに戦うことが重要で、今日はそれをきちんとできた」ウォズニアッキは自身のパフォーマンスに満足気だった。今季はツアー決勝で6連敗中だったが、7度目でようやく今季初のトロフィーを手にした。

テニスマガジン/編集部◎池田晋)

※写真は「東レPPO」で大会連覇を果たしたカロライン・ウォズニアッキ(右)と準優勝のアナスタシア・パブリウチェンコワ(左)
Photo:TOKYO, JAPAN - SEPTEMBER 24: (L-R) Anastasia Pavlyuchenkova of Russia and Caroline Wozniacki of Denmark pose during the trophy presentation after Wozniacki defeated Pavlyuchenkova in the women's singles final match on day seven of the Toray Pan Pacific Open Tennis At Ariake Coliseum on September 24, 2017 in Tokyo, Japan. (Photo by Matt Roberts/Getty Images)

東レ パン・パシフィック・オープン|公式

WTA(女子テニス協会)大会ページ|公式