バターの風味もたまらない! /調理=秋元薫 撮影=福岡拓

写真拡大

時間を問わず、突然襲ってくる「甘いものが食べたい!」病。たとえそれが夜中でも慌てないで! 家にさつまいもとバターさえあれば、「さつまいもの簡単茶きん」が5分で作れます。さつまいもは、まさに今が旬。おいしいさつまいもが手に入ったら、多めに作って冷凍保存しておくのもおすすめです。寒い夜にはオーブントースターで軽く焼き、スイートポテト風にして食べても美味。バニラアイスと一緒に食べれば、至福のごほうびタイムの始まりです。

【写真を見る】さつまいもは太くて皮につやがあり、色が均一で表面がなめらかなものを選んで。毛穴が深く、ひげ根のあるものは繊維が多い場合も /撮影=貝塚 隆

 

■ 【さつまいもの簡単茶きん】

<材料>(2人分)

さつまいも小1本(約200g)、レモン汁小さじ1、バター、砂糖

<作り方>

(1)さつまいもは皮をむいて薄切りにし、耐熱ボウルに入れてふんわりとラップをかけ、電子レンジで約2分30秒加熱する。

(2)レモン汁、バター20g、砂糖、水各小さじ1を加え、すりこ木で潰しながら混ぜ合わせる。ラップで1/4量ずつ包み、茶きん絞りの形に整え、ラップをはずして器に盛る。

(213kcal、塩分0.2g、調理時間5分)

すりこ木がない場合は、しゃもじやフォークなどでも代用可能。さつまいもは寒さに弱いので、冷蔵庫には入れず、新聞紙に包んで常温で保存しましょう。保存は約2週間くらいが目安です。