17-18フランス・リーグ1第7節、モンペリエ対パリ・サンジェルマン。落胆した様子をみせるPSGのキリアン・エムバペ(2017年9月23日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】17-18フランス・リーグ1は23日、第7節の試合が行われ、ネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)を欠いたパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)は、モンペリエ(Montpellier HSC)と0-0のスコアレスドローに終わった。

 スペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)から世界歴代最高額の移籍金でPSGに加入した25歳のネイマールは、右足を負傷したため、移籍後初めて試合を欠場した。

 27日にバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)との欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2017-18)を控えているウナイ・エメリ(Unai Emery)監督は試合後、「われわれはネイマールが戦列復帰可能かどうか、日曜(24日)まで待つことになる。試合まで数日の猶予がある。問題がなければ戦列に戻ってくるだろう」とコメントした。

 エメリ監督はまた、チームに対して主力選手が不在でも相手の守備を攻略してほしいと述べ、「今季はネイマールが試合に出る回数が多くなると思うが、一人の選手が不在になった場合でも、チームは一定のレベルとペースを維持しなければならない」と語った。
【翻訳編集】AFPBB News