ディバラが早くも今季10点目…ユヴェントスがトリノダービーを制し開幕6連勝/セリエA第6節

写真拡大

 

■セリエA第6節

 

ユヴェントス:ディバラ(16、90+1分)、ピャニッチ(40分)、A・サンドロ(62分)
トリノ:なし

 

セリエA第6節が23日に行われ、ユヴェントスはトリノとのダービーに臨んだ。試合はユヴェントスが4-0で快勝。6連勝を飾り、同勝ち点のナポリと並んで首位をキープしている。

 

ユヴェントスは前節のフィオレンティーナ戦を1-0で制し、開幕から5連勝と好調を維持している。しかし、先に行われた試合で、首位タイのナポリがSPALを下していたため、ユヴェントスとしてはナポリに引き離されないようにさらに連勝を伸ばしたいところだ。この試合ではゴンサロ・イグアインがベンチスタート。マリオ・マンジュキッチを最前線で起用し、ドウグラス・コスタが左サイドに入った。

 

先制したのはユヴェントス。16分、前線からハイプレスをかけると、パウロ・ディバラがDFからボールを奪う。そのままゴール右下に鋭いシュートを沈め、幸先よくリードを奪った。すると24分にはトリノのダニエレ・バセッリが2枚目のイエローカードを受けて退場。10人での戦いを余儀なくされた。

 

数的優位に立ったユヴェントスは40分にフアン・クアドラードの折り返しをミラレム・ピャニッチが鮮やかにゴール左へ決め、2-0で前半を終えた。後半に入っても攻撃の手を緩めないユヴェントスは、62分にピャニッチのCKからアレックス・サンドロがヘディングシュートを決めて追加点。後半アディショナルタイム1分にはディバラがこの試合2点目を決め、4-0とした。ディバラは6試合目で早くも2ケタ得点の10点目。驚異的なペースでゴールを量産している。