再構築に何が必要か(写真:まちゃー / PIXTA)

「日本型資本主義」の再構築に何が必要か。財務省高官であり、『日本人と資本主義の精神』の著者である田中修氏に聞いた。

変化に対応できる「頭づくり」

──日本人の精神の根幹から、日本型資本主義の誕生・歩み・衰退の流れを丹念に読み解き、再構築には何が必要か、考えを披露しています。

大蔵省に入省してから30年余り。それと重なる30年間は大変革の時代だった。心してきたのは、場当たり的に仕事をしていないか、変化に対応できる「頭づくり」をしているかだ。日本は、日本として進むべき道があるとすれば、近代化の歩みの中での伝統的な社会観、倫理観をもう一度見直して、そこにあった特質を再抽出し、時代に合うもの合わないものを見返して、生かしていくことだ。

──内外の議論を渉猟して、縦横に考察していますね。

経済危機と精神史・思考様式の分析が印象に残ったかもしれない。知の巨人たちの考察を比較し、組み合わせてみたら、欧米、日本の論者に共通の部分が意外に多い。たとえば渋沢栄一の勤勉・倹約の「士魂」。武士の精神が大事だと言っているが、これはヨーゼフ・シュンペーターの「企業家精神」に通じるし、マックス・ウェーバーの「戦士市民」やアルフレッド・マーシャルの「経済騎士道」をも彷彿とさせる。

日本人の精神史・思考様式に絞れば、丸山眞男に「忠誠と反逆」という有名な論文があり、これと山本七平などが分析した一揆や江戸時代の強制引退「押し込め」とのリンクが現代社会の解剖に大いに役立つ。ダメな君主は押し込めて、組織や家を守っていく原理だ。いろいろな事象を再構成し、総合化してみると、つながりが豊富で学べる点が極めて多い。

──貞永(じょうえい)式目(関東御成敗式目)の時代まで話は及んでいます。

エズラ・ボーゲルが解析するように中世、鎌倉幕府以来、日本人および日本はボトムアップのシステムだった。だから、そう簡単に直せるシステムではない。人材としてもワンマンのリーダーが出にくく、比較的短期で引きずり降ろされる社会構造になっている。

「イエ社会」が引き継がれている


田中 修(たなか おさむ)/学術博士(東京大学)。1958年生まれ。東大法学部卒業後、大蔵省入省。1996〜2000年在中国日本国大使館勤務。帰国後、財務省主計官、信州大学教授、内閣府参事官を経て、2010年から財務総合政策研究所の次長を経て副所長。2016年から税務大学校長を兼務(撮影:今井康一)

──なぜですか。

武家社会は原型が戦闘集団のイエ社会。その頃から激しい領地争いの時代になり、全員一致して動かないと負けてしまう。これが今の日本企業に引き継がれている。

──形式的にも全員一致です。

衆議では、実際にはそうでなくても全員一致の形を取る。典型的なのが自民党。部会などでは大荒れしていても、採決時には反対派は姿を見せない。そして最後は部会長一任。あのシステムがまさにそう。

──「ごめんなさい」の謝罪も独特とも。

このところ、毎日のように誰かが記者会見で謝っている。とりあえず謝る人はそれ以上責めないという理屈で責任を解除する。イザヤ・ベンダサンが指摘していることだ。だから事が起きたとき最初に謝らないと、日本ではその後面倒なことになる。

──こういった思考様式の指摘は一般教養として学んだのですか。

大学の学部は法学だったが、西部邁、佐藤誠三郎といった元気な学者が当時たくさんいた。政治学の京極純一には、ベンダサンを読みなさいと何度も言われた。彼は柳田國男の民俗学と政治学を組み合わせ、授業の中に取り入れた。ベンダサン=山本七平ではなく、著作は七平と何人かの合作だといわれているが、その一人が京極なのではと思っている。

──見えない宗教「日本教」を発見した山本七平ですね。

一世を風靡した『日本人とユダヤ人』をベンダサンが書いて50年近くが経つ。だんだん忘れ去られようとしているが、あの本や『「空気」の研究』に出ている日本独特の意思決定のやり方は今も変わっていない。若い人にはわかりにくいところもあろうが、今の日本の政治、社会に通じるエッセンスとして読むといい。

──温故知新に加え、「新たな資本主義モデル」も提示していますね。

「T字モデル」。実は入省3年目に執筆依頼があり、当時の考えをまとめたものの改訂版だ。いよいよ人口減少社会になり、一人ひとりが総合的な人間力で勝負していかなければならない。どういう人間を育てないといけないか、もう一度整理してみた。

──ほかにも人間力に着目したエピソードが小説を含め豊富に織り込んであります。

前述の渋沢栄一と西郷隆盛との面談のエピソードが何より面白い。渋沢がまだ若き役人だった頃のことだ。渋沢の正論に西郷は何も言わず、報復することもなく去っていく。政治家の陳情に渋沢は役人の立場からスジを通した。政治家と官僚のかかわり方をシンボリックに示している。明治時代にスッキリした政官関係もあったのだ。

──ベンダサンには空体語、実体語といった表現もあります。

憲法改正の話になるとまた同じような理屈で動くだろう。今も全然、変わっていない。しっかりこのキーワードの理屈を頭に置いて押さえておいたほうがいい。

空気の支配

──「空気」という言葉は今もよく使われます。

「空気」はなぜできたのか。米トランプ政権ができたのも、英国がEU(欧州連合)離脱を決めたのも、「空気」が動かしたからかもしれないし、中国の文化大革命もそうなのかもしれない。

──日本だけではない?

日本の場合は戦争まで行ってしまう。日本の「空気」はなぜ支配が強いのか。山本七平の文章はけっこう難解だから、原典に当たってみることだ。


──「水を差す」は出てこないのですか。

「空気の支配」に対して大事なのは「水を差す」。明治時代までは現実に引き戻す力を持っていた。

──同時に異端の人も大事と。

最後に立て直すのはそういう人たち。どこかにプールしておかないと、危機に対応できる人材がいなくなってしまう。

──ご自身は中国勤務以来、中国経済の研究をライフワークにしているそうですね。

この8月末に日中国交正常化45年のシンポジウムで話をしてきたばかりだ。中国は金融の自由化・国際化が中途半端な段階にある。これから激烈なバブルが起こる可能性もあると。もう一つ、経済のサービス化を本格化するのは、今のモデルでは無理があるとも伝えた。