5月にナポリと新契約を締結したメルテンス  photo/Getty Images

写真拡大

今季のプレミアリーグ第5節消化時点で、2勝1分2敗の12位(暫定)に留まっているアーセナル。第5節ではチェルシーを相手に無失点で切り抜けるなど復調の兆しを見せている同クラブだが、今季限りで現行契約が満了となるアレクシス・サンチェスやメスト・エジルの去就が未だに不透明であるなど、問題を抱えている。

こうした状況のなか、同クラブが現ナポリ所属FWドリース・メルテンス(ベルギー代表)の獲得を検討していることが、伊『calciomercato』で明らかに。5月に2020年6月30日までの新契約にサインしたばかりの同選手だが、現行契約には3000万ユーロ(約40億円)の契約解除条項が付帯されており、この事実に目をつけたアーセナルが今季終了後の同選手の獲得に乗り出したことが併せて報じられた。

今季のセリエA第6節消化時点で6得点を挙げるなど、好調を維持しているメルテンス。ロレンツォ・インシーニェやホセ・カジェホンと強力な3トップを形成し、阿吽の呼吸でゴールシーンを演出している同選手だが、自身初となるプレミアリーグへの移籍を決断するのだろうか。ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が中国のクラブ以外への同選手の譲渡を拒否していることもあり、交渉は困難を極めるが、続報を待ちたいところだ。