アーセナル、サンチェスの代役はメルテンス? 来夏の獲得を画策か

写真拡大

 アーセナルが、ナポリに所属するベルギー代表FWドリース・メルテンスに関心を持っているようだ。23日付のイギリス紙『ザ・サン』が報じている。

 アーセナルは、チリ代表FWアレクシス・サンチェスとドイツ代表MFメスト・エジルという2人の主力選手との契約が今シーズン限りとなっているが、新契約を結ぶことなくチームを退団する可能性が高いと見られている。アーセナルは2人との契約延長を目指してはいるものの、退団の可能性に備えて後釜のリストアップを始めている模様だ。

 以前からモナコに所属するフランス代表MFトマ・ルマルやパリ・サンジェルマンに所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーなどの名前が候補として挙がっていたが、現段階ではメルテンスへの関心が高まっている模様だ。

 今夏にもアーセナルはメルテンスの獲得を画策していたが、最終的に獲得は実現せずに終わっていた。アーセナルの指揮官であるアーセン・ヴェンゲル監督がメルテンスの獲得を希望しており、同監督はメルテンスをサンチェスの代役に据える考えを持っているという。

メルテンスは今シーズンのセリエAで6試合出場6ゴールを記録し、好調を維持している。