北朝鮮の朝鮮民主法律家協会は23日、日本が在日朝鮮人らを差別していると非難するスポークスマン談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

談話は、東京地裁が13日、日本政府が朝鮮学校を高校無償化の適用対象から外したのは違法だとして東京朝鮮中高級学校の元生徒らが損害賠償を求めた訴えを棄却する判決を下したことについて、「在日同胞の自主権、生存権を無残に踏みにじる不法無法のファッショ的暴挙」だと非難。

続いて「朝鮮高級学校生徒に高等学校支援制度を適用するのは過去、日帝がわが民族に働いた犯罪を誠実に謝罪する立場や、人権を尊重し、保障することに関する国際法上の見地から見てもこれを排除する何の法的根拠もない」などと主張した。