17-18イングランド・プレミアリーグ第16節、サウサンプトン対マンチェスター・ユナイテッド。得点を喜ぶマンチェスター・ユナイテッドのロメルー・ルカク(2017年9月23日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】17-18イングランド・プレミアリーグは23日、第6節の試合が行われ、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)は1-0でサウサンプトン(Southampton FC)を下し、前節から引き続き首位マンチェスター・シティ(Manchester City)と勝ち点で並んだ。

 同日行われた試合ではシティが5-0で最下位クリスタルパレス(Crystal Palace)に大勝したため、得失点差で首位の座は譲ったものの、ユナイテッドはロメルー・ルカク(Romelu Lukaku)が挙げた1点を守り抜いて上位を維持した。

 ベルギー代表のルカクは前半20分、アシュリー・ヤング(Ashley Young)のクロスに頭で合わせたシュートが一度はGKフレーザー・フォースター(Fraser Forster)に阻まれるも、こぼれ球を再び押し込み今季6点目を挙げた。

 敵地で勝利したユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ(Jose Mourinho)監督は、英スカイ・スポーツ(Sky Sports)に対し「常に高い質でプレーするのは不可能だが、われわれはよく戦ったと思う」、「厳しい試合だったが、勝てて非常に満足している」と話した。
【翻訳編集】AFPBB News