マンホールの蓋に「デザインマンホール(ご当地デザイン)」があることを発見したのは、かれこれ30年近く前になるでしょうか。

単なる幾何学模様が当たり前だと思っていたら、旅行先でたまたまデザインマンホールを見つけたのがはじまりです。今となっては、それがいつ・どこだったかも思い出せませんが、気づけば旅先でデザインマンホールを撮り集めるようになっていました。

東京都民が見慣れているであろう、マンホール蓋のデザインは「桜(都の花)、イチョウ(都の木)、ユリカモメ(都の鳥)」。ユリカモメは若干、無理がありますが……。ちなみに桜のデザインが微妙に違うものが何パターンか存在し、中には犬の顔に見えるものがあるらしいです。探してみたくなりますね。

マンホールの蓋というと真っ先に下水道を想像しますが、上水道、電力、ガスなど、地下設備を有する事業体の数だけあります。

そしてデザインは1種類とは限らず、下水・汚水・雨水などそれぞれ違ったデザインが施されていたり、下水だけで何種類ものデザインがあったり自治体によって様々。フルカラーのものもあります。マンホール蓋は税金で製作されていますから、自治体の力の入れようも垣間見えますね。

小平市の汚水マンホールの蓋。中央に市章、4匹の魚は「汚水を綺麗にして川に戻す」ことを意味しているそうですが、小平市には「市の魚」とか指定されていないし、絵柄の魚は清流に澄む種類というイメージでもないし、謎です。ちなみにもっともよく見かけるデザインは、ケヤキ(市の木)と小平市の街並みが描かれたものとなっています。

これらのデザインは、ただ見た目をよくするためだけではなく、スリップ防止のための凹凸であり、その比率も「より滑りにくいよう」計算されながら作られています。
素材は鋳鉄製(鋳物)がほとんどですが、稀に表面やデザインの凹面だけコンクリートやレンガを埋め込んでいるものもあります。そういうデザインマンホールを見つけるとテンションが上がりますね。

小金井公園へのお散歩途中で見つけたデザインマンホール。コンクリートが埋め込まれたレアなタイプです。

「じんちょうげ(市の花)」「ツツジ(市の花)」「けやき(市の木)」「はくうんぼく(市の木)」を見つけたのですが、はて、市の花/市の木が2種類ずつ……?

小金井公園は、小金井市と小平市・西東京市・武蔵野市にまたがっていますが、「白雲木(はくうんぼく)」を市の木に指定している市がないのです(小金井市=けやき、小平市=けやき、西東京市=けやき/ハナミズキ、武蔵野市=けやき/コブシ/ハナミズキ)。

西東京市は2001年に田無市と保谷市が合併してできたので、ひょっとして……と調べてみたところ、旧田無市の「市の木」が白雲木でした! さらに「ツツジ」は「田無ツツジ」のことでした。スッキリした。

2016年4月1日には、ついにマンホール蓋のコレクションカード「マンホールカード」まで登場したほど人気が高まっているデザインマンホール。旅先での楽しみのひとつに「マンホール探し」を加えてみませんか?

(松本しう周己)

旅の楽しみのひとつ、マンホール蓋のデザインから見えるもの・東京編【車中泊女子の全国縦断記】(http://clicccar.com/2017/09/24/511914/)