ボール1個分の“芸術”…柏FWクリスティアーノ、壁の下を通した超FKがコレ

写真拡大

下平隆宏監督の下、躍動する柏レイソル。

首位を走る鹿島アントラーズとの間には「8」の勝点差があるが、未だ逆転での優勝に可能性を残し、しっかり追走している。

そんな好調の柏は23日(土)、ホームでFC東京と対戦。

3-1とリードし迎えた69分、FWクリスティアーノが勝負を決めるフリーキックをネットに突き刺すのだが、これが実に技ありだった。

武富孝介が倒され獲得したフリーキックで、クリスティアーノがこの芸術的ショット!

相手選手の裏をかき、壁の下を通るキックを選択したのだ。

静止画で見ると、クリスティアーノは徳永悠平がジャンプしたちょうどボール一つ分のスペースを通していたのが分かる。これはもはや芸術的コントロールだ…。

クリスティアーノはこれでJ1での得点をとし、得点ランキングで4位に浮上。また、4-1と勝利した柏は2位川崎フロンターレと勝点を並べ(53)、J1では9試合連続無敗となった。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています