クアレズマ「vs細貝」以来の退場…5人レッドの大荒れダービーで

写真拡大

ベシクタシュに所属するポルトガル代表FWリカルド・クアレズマ。このほど行われたフェネルバフチェとのダービーで退場になった。

前半41分に1枚目のイエローカードを受けると、その2分後に2枚目…。前半のうちに退場になってしまった。

クアレズマが退場になるのは、2016年4月に行われたブルサスポル戦での細貝萌との一件以来のこと。

この日のダービーは荒れ模様となり、なんと両チーム合わせて5人が退場に…。ベシクタシュは2-1で敗れ、今季初黒星を喫している。

試合後、ベシクタシュのFWライアン・バベルは「なぜダービーがこうなったのか、皆分かっている。でも何かを言ってトラブルを招くことはしたくない」などと述べていたそう。