パウロ・ディバラ【写真:Getty Images】

写真拡大

 ユベントスのFWパウロ・ディバラが止まらない。セリエAで59年ぶりに開幕6試合で2桁得点に到達する選手が誕生した。

 ユベントスは23日、セリエA第6節でトリノとのダービーマッチを戦い、4-0で快勝した。この試合で2ゴールを決めたディバラは、早くも今シーズンの得点数を10としている。

 ディバラは昨シーズンのセリエAで11得点を挙げているが、わずか6試合で10ゴールを挙げた。近年のセリエAでは、ガブリエル・バティストゥータ氏やアントニオ・ディ・ナターレ氏が6試合で8ゴールというハイペースで得点を挙げたことはあるが、6試合で2桁となると59年さかのぼらなければいけない。当時インテルに所属していたアントニオ・アンジェリッロ氏が第4節までに11ゴール(6試合で13ゴール)という離れ業を見せたとき以来だ。

 ダービーに勝利したあと、ディバラは『スカイ』に対して、「好調だね。チームがすごく僕のことを助けてくれているよ」とコメントを残した。

 今シーズンから背番号10を付けているディバラは、どこまで好調を続けられるだろうか。

text by 編集部