自らハンドルを握って、ぶらぶらとドライブするのが趣味という、タレントの夏江紘実さん。真性クルマ好き女子が、女子力アップのために、次の愛車候補をチェック中!

流行りのSUVには目もくれず、スクエアなデザインの国産4ドアセダンが大好きで、愛車は49万円で購入した中古のトヨタ・プレミオ(2004年式)。東京湾アクアラインを渡り、ショッピングモールと黄金風呂で有名な海沿いの日帰り温泉を巡るのがお気に入りのドライブコースで、年間走行距離は2万4000劼伐畫行気味。

マメに洗車をしてメンテも欠かさずたっぷり愛情を注いでいるのに、ディーラーの定期点検でエンジンオイル漏れが発覚。その修理代を見積もったら驚愕の40万円ナリ! お気楽に始めた愛車選びは「ガチ」モードになりました。

そこで、「女子力アップ!」では初のセダン、それも、ずっと気になっていた新型カムリをチョイスしました。

グレード展開はシンプルで、スタンダードな 「X」と充実装備の「G」、「G」をベースに本革シートや18インチタイヤ、カラーヘッドアップディスプレイを追加した豪華仕様の「Gレザーパッケージ」の3本立て。駆動方式はFF(前輪駆動)オンリーで、パワートレーンは2.5L直4エンジンとTHSIIを組み合わせたハイブリッドのみ。

試乗車はGで、ボディカラーはダークブルーマイカメタリック。カラーヘッドアップディスプレイやパノラマムーンルーフ、T-Connect SDナビゲーションシステムなど総額75万600円のオプションを装着しています。オプションを除いた車両本体価格は349万9200円です。

私のカムリに対する印象は…「アメリカ向けのでっかいセダン」。先代も2.5Lのハイブリッドシステムを採用していましたが、SAI(レクサスHSの兄弟車)と比べると影が薄くて、街中でもあまり見かけません。

日本ではマイナーな存在ですが、世界100以上の国と地域で販売され、累計販売台数が1800万台を越えるグローバルカーなんです。日本の道路環境ではかなり大柄に感じるボディサイズも、海外、特にアメリカ市場がメインだと聞けば納得できるし、クーペのように低く構えたフォルムはいかにもアメリカ人好みという感じです。

カローラアクシオからクラウンまで、トヨタのセダンはハイブリッド車のラインアップがとても充実していますが、日本仕様のカムリはHVオンリー(海外にはガソリンの2.5L直4と3.5LV6モデルがあります)の展開。

2.5Lエンジンにモーターアシストを加えたシステム最高出力は155kW(211PS)とパワフルで、JC08モード燃費は28.4km/L(Gレザーパッケージ、G)。大柄なボディをストレスなく加速させる動力性能を備えながら、コンパクトカーに匹敵する燃費を達成しているのは驚きです。

メーター類は操作の動線や視線移動にも配慮したデザイン。速度やハイブリッドシステムの稼働状態など、必要な情報が瞬時に得られるので運転に集中できます。

キーンルックと合わせて個性的な表情を演出するヘッドランプは、ロービーム、ハイビーム、デイライトのすべての光源をフルLED化。前後フォグランプやリヤコンビランプもLEDで省電力化に貢献しています。

「走りへのこだわり」も新型カムリのセールスポイントです。TNGA(トヨタニューグローバルアーキテクチャー)と呼ばれる、トヨタ流「クルマ造りの構造改革」によって、プラットフォームやパワートレーン、シャシーなど走りに関わる部分を部品レベルから刷新しています。

外から見た感じでは「ピラーがちょっと寝すぎかな?」と思いましたが、いざ運転席に座ってみるとシートとステアリング、シフト、ペダルの位置関係が適切で、体型に合わせたドラポジがスムーズに決まります。

車幅がワイドなので取り回しに苦労しそう…と躊躇していましたが、走り出すと「ドライバーの意のままに操れる」という印象で、すぐに慣れました。加速、操舵、ブレーキの各動作が見事にリンクし、スポーツカー程ではないけれど重心が低いおかげで、SUVやミニバンみたいにカーブで「グラッと」傾かず、素直に曲がります。

カタログでも「クルマの挙動をリアルに体感できるように、ヒップポイントを低くして、シート位置を後方にオフセットさせた」と謳うほど。走りへのこだわりやスピリットは高性能なスポーツカーにも負けていません。

ベルトライン、ボンネットフードともに低く設定され、ピラーをスリムにしているので左右の見切りがよく、前方の見晴らしのよさは抜群です。

トランスミッションはCVTですが、シフトはマニュアル感覚で操作できる6速シーケンシャルシフトマチックを採用。パドル式だとスポーティすぎるけれど、マニュアル操作で積極的にエンジンブレーキを活用したいという、ベテランドライバーの心をくすぐるアイテムですね。

<後編>へつづく

(文:湯目由明/モデル:かえ ひろみ/ヘア&メイク:中田愛美/写真:ダン・アオキ)

【関連記事】

vol12:完熟のフォルクスワーゲン・ポロを狙って、女子力アップ!
https://clicccar.com/2017/06/07/478235/

vol.10:普段履き感覚のアクティブなプジョー2008で、女子力アップは足元から! <後編>
https://clicccar.com/2017/05/26/467656/

vol.09:普段履き感覚のアクティブなプジョー2008で、女子力アップは足元から! <前編>
https://clicccar.com/2017/05/24/467594/

vol.08:ルーテシアを選んで、「お目が高い!」と言われて女子力アップ!
https://clicccar.com/2017/04/25/466838/

vol.07:スズキ・ワゴンRのオールマイティな機能性で女子力アップ!
https://clicccar.com/2017/04/06/460729/

vol.06:ルノー・トゥインゴのチョイスで悩んで女子力アップ!?
https://clicccar.com/2017/03/21/456146/

vol.05:女子力アップ!に、イタリアン・オープン!?「アバルト124スパイダー」
https://clicccar.com/2017/03/07/450227/

vol.04:「ルノー・カングー」使い勝手にワクワクしちゃうフレンチ万能車!
https://clicccar.com/2017/02/18/445981/

vol.03:「フィアット500X クロスプラス」イタリアンなのにジープ レネゲードの弟分!?
https://clicccar.com/2017/02/13/444940/

vol.02:カワイイ顔して本格派でした!MINIクロスオーバー ジョンクーパーワークス
https://clicccar.com/2016/11/27/421193/

vol.01:思わず「ジャケ買い」したくなる、イヴォーク・コンバーチブル
https://clicccar.com/2016/10/30/412549/

フルTNGAセダン・トヨタ カムリで女子力アップ!【かえちゃんの次のクルマ選び!! Vol.12・前編】(http://clicccar.com/2017/09/24/511940/)