フィナーレに登場したスーパーモデルたち

写真拡大

 「ヴェルサーチ(VERSACE)」が、ブランド創業者の故ジャンニ・ヴェルサーチ(Gianni Versace)が死去してから今年で20年を迎えることから、生前の功績を讃えたトリビュートコレクションを発表した。90年代に活躍したスーパーモデルたちが集結し、ショーのフィナーレを華やかに飾った。
 ミラノで発表された2018年春夏コレクションは、1997年にマイアミの別荘で射殺されこの世を去ったジャンニ・ヴェルサーチに追悼を捧げる内容で構成された。1991年春夏および秋冬コレクションなどのアーカイブをもとに、地中海を彷彿とさせるカラフルな柄やVOGUEの表紙をプリントしたしたルックが登場。ジャンニの妹でブランドを率いてきたドナテラ・ ヴェルサーチ(Donatella Versace)は「彼の芸術的な才能だけではなく、人間として、そして私の兄として敬意を払います。ジャンニの作り上げた世界をひとつのコレクションで見せることは不可能なので、彼のレガシーと言うべきプリントとまばゆいメタリックメッシュを讃えることにしました」とコメント。「This collection is for you, Gianni.(このコレクションはあなたのものよ、ジャンニ)」と亡き兄に送った。
 ショーのフィナーレには、ジャンニ・ヴェルサーチが起用し90年代のスーパーモデル黄金期を牽引したナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)、シンディ・クロフォード(Cindy Crawford)、クラウディア・シファー(Claudia Schiffer)、カーラ・ブルーニ(Carla Bruni)、ヘレナ・クリステンセン(Helena Christensen)の5人がメタリックドレスを身にまとって登場。大きな拍手の中、ドナテラとともにランウェイを歩いた。 なお、ジャンニ・ヴェルサーチ殺害事件は米テレビシリーズ「アメリカン クライム ストーリー」シーズン2の題材になっており、ドナテラをペネロペ・クルスが演じることが決まっている。来年初旬に全米で放映が予定されている。