自軍監督を襲撃!? 「誤爆タックル」を海外紙が一斉報道「気まずい瞬間」「不意に襲った」

写真拡大

レンジャーズFCのMFウィンダスの“スライディングタックル”がカイシーニャ監督を直撃

 スコットランド1部のスコティッシュ・プレミアシップで、選手が自軍の監督にスライディングタックルを決めて転倒させてしまう“誤爆”が発生。

 英メディアは「気まずい瞬間」「監督が不意に選手に襲われた」とこぞって報じ、注目の的となっている。

 一躍時の人となったのは、スコットランド1部・レンジャーズFCのペドロ・カイシーニャ監督と23歳MFジョシュ・ウィンダスだ。

 23日に行われた第7節のセルティック戦、立ち上がりの前半3分に“事件”はサイドライン際で起こる。レンジャーズは自陣でボールを奪い、カウンターを狙ってギアを上げようとする。MFウィンダスが左サイドに向かってドリブルを開始した瞬間、セルティックのスウェーデン代表DFミカエル・ルスティグが猛ダッシュでプレッシャーへ。ボールを前に蹴り出してかわそうとしたが、足を出されてバランスを崩したウィンダスは、転倒してそのままテクニカルエリアにいたカイシーニャ監督の足を刈ってしまった。

 前線に目線をやっていたカイシーニャ監督は不意を突かれ、足元をすくわれて地面に激しく打ちつけられた。痛い素振りを見せることなく、ウィンダスを起き上がらせてピッチに戻したが、ノーファウルを主張したルスティグの必死の形相を含めたシュールな光景はいっそう目を引いた。

ネット上では「監督転倒」の写真が拡散

 スコットランド紙「デイリー・レコード」は「レンジャーズのボス、ペドロ・カイシーニャは自分のチームの選手によってうつ伏せにさせられた」、英紙「エクスプレス&スター」電子版は「気まずい瞬間。ペドロ・カイシーニャは自分の選手に不意に襲われた」と見出しを打って“誤爆タックル”を報道。ネット上ではカイシーニャ監督が転倒する瞬間の写真が拡散されており、スコットランド紙「イブニング・タイムズ」電子版は「カイシーニャがアイブロックス(スタジアム)で転ぶ写真がウェブを陽気にさせている」と伝えた。

 レンジャーズはこの直後の後半5分、同20分に失点して0-2で敗戦。カイシーニャ監督にとってはなんとも後味の悪い試合となってしまった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画&写真】The Sportsmanが公式ツイッターで紹介したウィンダスの“誤爆タックル”の瞬間

https://twitter.com/TheSportsman/status/911548560830816257

ウィンダスの“誤爆タックル”の瞬間 映像編

https://twitter.com/TheScotsman/status/911564586817638401

ウィンダスの“誤爆タックル”の瞬間 写真編