読むだけでもお腹が「ぐぅ〜」っと鳴ってしまう、コラムを選んでみました。

80歳のオーガニックファーマー

病気をきっかけに自分たちの食生活を見直した、北カリフォルニアの老夫婦。まだオーガニックという言葉が今ほど浸透していない頃から、有機野菜の栽培をはじめたふたり。どんな背景で野菜がつくられているか、それを知ることがすべての始まりです。

→詳しい記事はこちらから。

アイデンティティは
「あずきトースト」だった

ABC(アメリカン・ボーン・チャイニーズ)ならぬABT(タイワニーズ)のイラストレーターLori Bailey。アジアとアメリカのはざまで、交錯する食文化のなか彼女が見出したのは、子どもの頃からお母さんが作ってくれた「あずきトースト」でした。

→詳しい記事はこちらから。

おいしくBTLサンドを食すための
世界初のマニフェスト

目を向けるべきは、ベーコンではなくトマトだった。本当においしいBLTサンドを追求すべく、料理研究家J. Kenji López-Altが見出したのは、世界で初めてのBLTサンドのためのマニフェストでした。

→詳しい記事はこちらから。

フランス人に学ぶ
分かち合うことの喜び

人生のよろこびを家族や恋人と分かち合うフランス人。シェアとも違う「partagé(分かち合う)」彼らのアイデンティティは、日々の食文化のなかに深く浸透しています。彼らが一人で食事をしない理由もここにありました。

→詳しい記事はこちらから。

お店のコーヒーに近づける
ちょっとしたヒント

たとえ自宅でだって、本当においしいと思えるコーヒーが飲みたい。ありますよね。おいしさにホッとして、緊張が一気にほぐれて、香りを嗅いだだけで陶酔するような一杯。自宅でいれたコーヒーをおいしくするコツ、教えます。

→詳しい記事はこちらから。