時に白い目を向けられうるワード、「インスタジェニック」。華やかな“日常”を日々アップする女性に対して、「SNSに振り回されて、現実がおろそかになってない?」なんて声があがることも。

その“犠牲”となりうる第一候補は、一番近くにいるボーイフレンドではないでしょうか。彼女に何度も撮り直しを要求される様子を見かけると、いたたまれない気持ちになります。

キケンな撮影だって
彼女のためなら本望!

でも、そんな「不憫な撮影会」を楽しんでいる男性もいるようです。ガブリエル・マルチネスさんはその舞台裏を、自らInstagramにアップして披露しています。

たとえば、こんな気持ちよさそうな写真は…

船の上から身を乗り出してパシャリ。

次は船の上の写真。

こんな角度から撮ってました。

彼女のためなら、

崖っぷちだって…

時にスタントマンばりの危険だっていとわない彼。

地面に這いつくばるくらいなら、日常茶飯事。

ふたりで楽しめることが
イチバン大事

ふたりの関係性は、ツーショットから一目瞭然。良い写真を撮るためには、カメラマンとモデルの信頼関係が大切だと言いますが、まさにこのカップルは完璧なのでは。

周りの目にどう映ろうと、本人たちが楽しんでいるのなら何だってありですね。

Licensed material used with permission by Gabriel Martínez,Paola Pentón