手島優

写真拡大

23日深夜放送の「二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜」(テレビ東京系)で、TOKIOの松岡昌宏が、泥酔したグラビアアイドル手島優の扱いをめぐって、同局と大手芸能事務所「プラチナムプロダクション」が「もめた」と明かした。

番組では、松岡、博多大吉、グラビアアイドルの柳ゆり菜らが神奈川県横浜市にある居酒屋「小半」で飲んでいた。一行がテーブルに着き、松岡が柳に苦手な酒を確認をすると、柳は「何でも飲めます」と意思表示をした。

すると、松岡が「この番組でそういうこと言うと、何でも飲んでもらうことになっちゃうんですよ?」「柳さんのイメージも終わりになると思うので」と意味深に返すのだ。

そこで、大吉が「先週の手島優事件がありまして」と口を挟む。16日深夜放送回で、酔った手島が「うち、ジャニーズNGなんですよ。絶対」と、所属するプラチナムが、ジャニーズタレントとの接触をNGにしていることを告白した上、「ジャニーズは全世界の神なんですよ!」と語っていた。

この話を受けて、松岡が「あの女、OAするかしないかで、テレ東とプラチナムがもめたんですよ!」と発し、手島の発言が原因で、テレ東と大手芸能事務所の間でいざこざが起きたと明かしていた。

【関連記事】
尾崎ナナがアラサーグラドル界の裏側に言及 枕営業を促した業界人が手島優を誘った人物と判明
手島優の「個性的な愛情表現」に出演者や観覧客が一斉にドン引き
手島優が子供時代のいじめ体験を告白「唯一救ってくれたのは両親」