さっと再婚できる人、できない人のシンプルだけど大きな差

写真拡大

離婚後1〜2年以内と比較的早く、かろやかに再婚を決める女性がいます。一方で、再婚願望がありながらも、長年再婚できなくて悶々と過ごす女性も。両者の差はいったい何にあるのでしょうか。

帰りたくなる家にする! 疲れた夫が求めている「妻の癒し」3つ

さっと再婚を手に入れた女性たちに、自身の恋愛における姿勢や心がけを聞きました。

惚れっぽい

「離婚後、1年経たないうちに再婚しました。自分でも比較的早い時期に再婚するだろうな、となんとなく予想してはいましたが。もともと恋愛体質というか、恋愛が好きなほう、いつでも恋愛をしていたい性格で、多分人を好きになりやすいタイプだと思うんです。

離婚して2カ月くらいで、たまたま出会った今の夫と意気投合。すぐに結婚を前提とした付き合いが始まったんです。単純に惚れっぽいかどうかというのは、再婚のしやすさに関係していると思いますよ」(34歳/美容関連)

一度離婚すると、男性不信に陥ったり、男性嫌いになったりする女性も中にはいます。

でも、それだとせっかくチャンスが巡ってきても、つかめなかったり、ご縁を遠ざけてしまったり、再婚へのステップを上がっていけません。もう男性なんてこりごり、と決めつけるのではなく、男性は一人ひとり違うもの、と捉えることが大事です。

自己肯定感が高い

「私、自分のことを『あげまん』だと思ってるんです。実際、別れた彼氏や夫も、私と付き合ったり、結婚したりしたことで、仕事がうまくいっている、ような気がしています。勝手な思い込みかもしれないですが、それでもいい(笑)。

そういう性格なので、男性としては『一緒にいると楽しそう』と思われることが多いです。

離婚後1年以内に再婚した現夫からも、『君、自己肯定感、相当高くない? 何してても、どんなときでも幸せそうだもん。素晴らしいと思う』と褒められます。『だから、一緒になりたかったんだ』とも。根拠のない自信があって良かったと思いますよ(笑)。

私とは逆に自己肯定感が低く、『私にはやっぱり魅力がないみたい。離婚してから全然モテないし、再婚は無理だなぁ。一回結婚したのが奇跡だわ』とボヤく女友達がいます。全然そんなことはないのに、むしろそういう発想や考え方が卑屈に見えて、ご縁を遠ざけていると思います」(30歳/小売)

人生を楽しく生きるのに必要不可欠ともいえる自己肯定感。低いと自分を卑下したり、マイナス思考になったり、負のスパイラルを生み出すことに。上記の女性が言うように、根拠がなくても自己肯定感は高く持っておくほうが良いでしょう。

自己肯定感の高い女性は、明るい雰囲気を醸し出していて、近寄りやすく、コミュニケーションしやすそうだと思わせます。周りにそう感じさせることで、出会いの数も多くなり、そのぶん再婚に結びつく可能性も上がるといえます。

再婚願望が強い

「5年結婚生活を続けた夫と離婚して、1年半で再婚しました。前の結婚で私は子供を望んでいましたが、夫とはセックスレスになって長く、結局できなくて。離婚の原因はそれだけではないんですが、子供がほしい気持ちはずっとありました。

ただ、とにかく子供がほしい、というわけではなく、好きな人の子供がほしいという思いです。そんなこともあって、再婚願望を強く持ち続けていたら、必然的に出会いの機会を増やそうとしますよね。結果、ご縁に恵まれたという感じです」(35歳/IT)

強く真剣に願う者のところに、神様はやってくるもの。逆に言うと、強く願わなければ、望みは叶いづらくなります。強い願いや思いがあれば、それを実現するために、必ずアクションに結びつくからです。

再婚願望があるように感じても、「必ず再婚したい」「◯年以内に絶対に再婚する」など、強い願いが浮かんでこない場合は、今一度自分の胸に問いかけて。自分が本当に再婚を望んでいるのか、まずは自問自答することが必要かもしれません。

結婚に幻想を持っていない

「一度目の結婚で、結婚とは何たるものかわかり、結婚そのものや結婚相手に対し、独りよがりな幻想を持たなくなったのが良かったんだと思います。

初婚のときは相手に、『言わなくても察してほしい』と感じたり、自分が期待するように動いてくれないとイライラして怒ったり、やっぱり『結婚生活はこうあるべき』みたいな高い理想をどこかで持っていました。

でも、離婚を経て、それが間違いだったと悟ったんです。そもそも結婚は“現実”なんだから、夢を見すぎたらダメなんだ、と。それからはパートナーに対し、気になることや不満は溜め込まずにうまく伝えたり、過度な期待をやめたり、一切の幻想も捨てたりしました。

再婚は離婚から2年でしました。今の夫からは『一緒にいてラク。心が安らぐ』と言われます。初婚のときとはいつもカリカリしていたので、大きな違いです」(38歳/編集)

結婚という経験を通じて、結婚の現実を知り、頭でも理解した女性は強いでしょう。再婚相手に対し高い条件を突きつけたり、期待したりすることがなくなります。そのぶん再婚のハードルが下がることが考えられます。

再婚願望を持ち、離婚から長期間経たないうちに、流れるように再婚を決めていく女性たちには、しなやかさやおおらかさ、他人の良いところを見つける力があるのだと感じます。

そういった要素が男性に安心感や癒やしを与え、「彼女と夫婦になりたい」という気持ちを芽生えさせているのだと思います。彼女たちのエピソードやこの記事が、再婚願望のある女性にとってヒントになれば幸いです。