ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

写真拡大

レーバー・カップで四大大会通算35勝の最強ペア結成…ファン感激「愛らしい伝説たち」

 テニスのレーバー・カップは23日(日本時間24日)、ダブルスで夢のコンビ結成が実現したロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)組がサム・クエリー、ジャック・ソック(ともに米国)組を6-4、1-6、10-5で下した。世界の大注目を集めた世界ランク1、2位のレジェンドペアだが、試合中にはあわや激突という場面が発生。フェデラー自らツイッターに動画で公開し、ファンから「いちゃついているように見えるぞ!」「しかし、これがテニス界最高の瞬間」と大反響を呼んでいる。

 ついに実現した夢コンビ。2人合わせてグランドスラム35勝のフェデラー、ナダルの最強コンビは、世界1、2位の技を結集させ、クエリー、ソック組を破った。

 とはいえ、エキシビション大会のために組まれた急造コンビ。試合中には、あわや激突というシーンもあった。今大会は非公式戦ということもあり、コート上のネットにカメラが設置され、普段はお目にかかれない臨場感あふれる角度で選手にプレーを見ることができる。

 フェデラーは試合後、自身のツイッターでネットカメラの動画を公開。自陣真ん中付近に打たれたロブショットに対し、前衛のナダルは下がりながら、後衛のフェデラーは上がりながら体が振れるほど接近し、ボレーの体勢に入った。危ない、と思った瞬間、後衛のフェデラーは身を引いて譲り、ナダルが渾身のボレーを放った。

ファン大反響「惑星同士の激突になる」「しかし、これがテニス界最高の瞬間」

 そのままポイントを奪うと2人は苦笑いのような表情でタッチを交わしている。実力的にはテニス史上でもトップに君臨する両者も、すぐに息を合わせるのは難しかったのか。それでも、名コンビの映像を見たファンも反響を呼んでいる。

「可愛すぎる2人」
「キングとキング」
「惑星同士の激突になる」
「いちゃついているように見えるぞ!」
「しかし、これがテニス界最高の瞬間」
「両者ともにスーパーヒーロー。この組み合わせはまさにアベンジャーズだ」
「フュージョンを発動させよう!」
「この化学反応は圧巻」
「絶対的に素晴らしい」
「この動画は忘れられないワンシーンになる」
「やはり君たちはライバルの関係が似合うということさ」
「愛らしい伝説たち」

 このように続々と感動の声が上がっていた。試合は勝利し、欧州選抜と世界選抜で繰り広げられる対抗戦もフェデラー、ナダルを擁する欧州選抜が6勝2敗とリードした。ファンにとっても、夢のコンビ結成は忘れられない瞬間になっただろう。