たった40gでカメラ付き!スマホで操作し空撮もできる超小型ドローン

写真拡大 (全6枚)

かなり身近になったドローンですが、あまりに大きなものだと家の中ではすぐに壁にぶつかってしまいます。そこでオススメしたいのが超小型ドローン。手のひらサイズの小さなボディですが、高画質のカメラを搭載。操作性も良い上に安全面もバッチリで、ドローン初心者の方にもおすすめです。

クラウドファンディングサイト「Makuake」にてプロジェクト展開中の超小型ドローン「SMAO(シュマオ)」。1辺65mm、重さはわずか40gという驚きの小型っぷり。それほど小さいボディながら高画質のカメラを搭載しており、ビデオ録画やスナップショット撮影が可能。しかも別売りのVRゴーグルを使えば、より臨場感のあるVR映像として楽しむこともできます。

小さくても飛行性能は問題なし。6つのジャイロスコープによる安定飛行や空中静止(ホバリング)、さらに360度の宙返りも可能です。しかも操作は簡単で、スマホを使って操縦できるほか、付属のコントローラを使ってスマホ画面を見ながら操縦すればより手軽に扱えます。スマホの画面上に指で描いた軌跡通りに飛行させることができる「トラッキング機能」などはぜひ試してみたい!

▲離陸も簡単。専用アプリの画面上のアイコンをワンタップするだけ

さらにうれしいのは安全面。ボディには高強度のグリッド構造のフレームを採用し、4つのプロペラはその堅牢なフレーム内に収められています。そのため、衝突・落下時の破損を防ぎますし、人に当たってしまった場合もプロペラによるケガを防げます。

赤、白、黒の3色展開。プロジェクトではすでに300%超えというのもうなずけます。価格は9月24日現在で8960円コース(限定早割セット30%OFF)〜。

>> Makuake「SMAO」

 

(文/&GP編集部)