岡崎(20)がつま先でゴールに押し込む(AP)

写真拡大

 ◇プレミアリーグ第6節 レスター2―3リバプール(2017年9月23日 レスター)

 レスターの日本代表FW岡崎慎司(31)が23日のリバプール戦で公式戦2試合連続、リーグ戦では今季3得点目となるゴールを挙げた。

 2点を先行された前半終了間際、先発した岡崎が競り合いのこぼれ球を押し込みゴール。カップ戦に続き、リバプール相手に2戦連続で得点を決めた。後半29分に退いた。

 試合は2―3で敗北。レスターはリーグ戦で4試合白星がなく、1勝1分け4敗の勝ち点4で16位。

 今季3得点目にも「(チームの中で)生かされたな、という感じです」と謙虚。好調の理由を「ノリでサッカーをするというか…。今までなら、受けて考えてパスを出して、という感じだったのを、パスを出した流れで抜けていったりとか、ボールを蹴る前に自分が先に走りだしたりとか、感覚で動いていくタイミングを(より早めている)」と話した。

 日本代表は、6日にニュージーランド戦、10日にハイチ戦を控えているが「どうなるかわからない。もちろん選ばれればうれしい」とコメント。「今は次のビッグマッチのことしか考えていない。代表に選ばれればやるし、選ばれなかったら、こっちでまた頑張ってやるというスタンスでいこうかな」と心境を語った。