北朝鮮の李外相は国連演説で、トランプ米大統領を強く非難。軍事的攻撃の兆候を示した場合、先制行動を取ると警告した=(聯合ニュース)

写真拡大

【ニューヨーク聯合ニュース】北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は23日午後(日本時間24日未明)、米ニューヨークで開かれている国連総会で一般討論演説を行い、「米国とその追従勢力がわが共和国指導部に対する斬首(作戦)や軍事的攻撃の兆候を示した場合、先制行動で予防措置を取る」と警告した。

 李氏は、トランプ米大統領が19日の国連演説で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」と呼び、「北朝鮮を完全に壊滅する」などと発言したことに強く反発。「自殺攻撃を始めたのはトランプ自身に他ならない」と呼び捨てで非難した。

 また、北朝鮮の攻撃により米国で罪なき命が犠牲になった場合、「トランプに全責任がある」と主張。トランプ大統領の発言に相応する厳しい措置を取ると宣言した。

 李氏の発言は、北朝鮮への先制攻撃の兆候がある場合、米国はもちろん、その周辺国に対し、核・ミサイルによる先制攻撃を行うこともあり得ると威嚇したものと受け止められる。

 北朝鮮の核戦力について、李氏は「正々堂々とした自衛的措置」と核保有の正当性を重ねて強調。国連の制裁が北朝鮮にだけ核実験を禁じていると非難し、国連安全保障理事会の制裁決議を拒否すると述べた。