23日、中国地震局は、北朝鮮で起きたマグニチュード(M)3.4の地震について、「核爆発」によるものではなく「自然地震」との見方を示した。資料写真。

写真拡大

2017年9月23日、中国国営新華社通信によると、中国地震局は、北朝鮮で同日起きたマグニチュード(M)3.4の地震について、「核爆発」によるものではなく「自然地震」との見方を示した。

中国地震局は、23日午後5時29分(日本時間)、北朝鮮の北緯41.36度、東経129.06度の地点でマグニチュード3.4、震源の深さ0キロメートルの地震が観測され、爆発の疑いがあるとしていた。(翻訳・編集/柳川)